FC2ブログ


ペットショップはキライです。


最近は例の低反発マットが入っていた袋がお気に入りのおもちゃ♪


でも、ただ入って遊んでいるわけではありません。

こう見えても野生の本能は残っているのです、狙っているんです“獲物”が通るのを

それは・・・


人の足~~~
「オリャ~~~にゃ
「イタイ、イタイ


・・・こんな事して遊んでます(^_^;)


題名の件ですが、やっぱりペットフードやペット用品はペットショップで買いますよね?
私はあまりペットショップには行きません。
割引の時とか、そこにしか無いようなものを買いたい時は行きますが、ほとんどはホームセンターなんかで買っています。

ケースの中に入れられている犬ちゃんや猫ちゃんを見るのが嫌なんです(>_<)
どう見ても生まれてすぐお母さんから離されたような仔や、逆に大きくなり過ぎてしまったような仔…それだけでなく、ただああして命を売っているという事がとても嫌です。
何て言いながら、家の王子君も(兄一家がだけど)ペットショップで買われた子だし。
あの姿を見たくないので、ペットショップにはなるべく行きません。
行ってもケースの前は通らないようにするし、どうしても通らないといけない時は背を向けて何も聞かないようにして、そそくさと通り抜けます。

親子連れで来ていて、子供がケースをドンドン叩いているのに親が何にも注意しないのを見たりすると、後ろから頭を蹴飛ばしてやろうかと思います<`ヘ´>

だけど売られている命には何の罪も無いんだもん。
あの子たちの猫生、犬生が幸せである事を祈るばかりです。


んでうちのアンポンタンは…と見てみると…



こたつの中でこんな格好で爆睡しとった


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ





関連記事

 2012_03_20

Comments

 

わたしはペットショップはいくけど
カリカリとかオモチャを見て
ねこさんたちのケージには近づきません!!
まえにとってもかんじの悪い客(オトコ)を見たから
記事にもしたんですよ、そのことを
やっぱりお母さんから離すのは
離乳ができてからだとおもいますね!
キッツCat  URL   2012-03-20 13:23  

 

キッツCatさんも同じなんですね。
やっぱりあの前は通れませんよね、目が合っちゃったりしたらもうどうしようかと;

離乳前にお母さんから離して売ったり、大きくなった子をそのまんまあの狭いケースに平気で入れていたり、ペットショップには生き物に対する愛情が感じられないんです。
oko  URL   2012-03-20 20:42  

 

うちのほうはそのホームセンターで
ごはんとかを買う時があるんですが・・・
そこにあるんですよ~ケースに入れられて
売られてるの(+_+)
私もそれを見るのがどうも辛くて
絶対そっち方面は行かないようにしています
猫ものの横が犬もので犬ものの横にそのケースなので。。。
あとはネットでかスーパーの割引になる日に
買います
↓自分の自信があるようなところはないんだけど
多分・・・深く考えないから
で、それがいい時もあり悪い時もあります^_^;
もちゅみ  URL   2012-03-21 00:21  

 

もちゅみさん
そうなんですよ~、ホームセンターでも生体を売っているところあるんですよね。
そこには行きません(`´)
考えてみたら、ああいうお店ってその命に対する責任とか全く無いですね。
ものとしてしか扱ってないんだと思うと、“ペットショップ”って何だって思ってしまいます。
oko  URL   2012-03-21 01:08  

 

はじめまして。
わたしも、ぺットショップ行きません。
たしかに可愛いんだろうけど、どうしても
近付けませんね。
うちの猫たちも、みんな保護した仔ばかり、、、
お金で命を買う事は一生しないと
思います。

でも、たしかに売られてる仔たちに罪は
ないんですけどね。

またお邪魔させてくださいね^^
もねのかぎしっぽ  URL   2012-03-22 12:48  

 

もねのかぎしっぽさん、初めまして。
コメント有難うございます!
ブログにお邪魔させて頂きまして、猫ちゃんズのあまりの可愛さに頬が緩みっぱなしでした。
たくさんの猫ちゃんと暮らすのは夢ですが、力の無い自分が情けないです;

本当に、命を売り買いしている人たちには怒りで一杯です。
ましてやそんな人たちが“ペットショップ”なんてやっているのが、余計に腹立たしいです。
だけど、どんな形でも(繁殖目的とか)生まれてきた命は平等ですもんね。
それを売買するなら、後のケアもしっかりやって欲しいと思います。

また是非いらして下さいね^^
oko  URL   2012-03-22 13:10  

 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop