FC2ブログ


最後にやってしまったサビエル・行ってしまったサビエル

Category: サビエル  

一昨日、家に帰ると今度はガレージの屋根がこんな状態になってた
\(◎o◎)/!

誰がやったかは想像に難くない(;一_一)
コイツに決まってる;;;
?

慌てて応急処置したけど、こんなん家人に見つからん訳ないやん
(:_;)(:_;)(:_;)

隣りの家の人情報によると「落ちた」んだとか(@_@;)
「もの凄い音がした」と(>_<)

よりによって、“明日の今日”に何て事をしてくれたんだ

そしてその日の夜。
サビエルちゃんとうとうお家に入って来ました~~~\(^○^)/!
食事中
所用で少しの間窓を開けて用事をしていて、気が付いたら茶色いのがたんたんギーの残りご飯を食べていた
今日は最後の夜だから、何なら一緒に寝たいと思っていたぐらいなので(家のアンポンタンが許さないだろうけど)嬉しかった(^^)

満腹
はい、ごちそうさま。

さっきから、“明日の今日”とか“最後の夜”とか意味深な事書いてますが、そうなんです、サビエルちゃん保護先が決まりました

困り果てていた私にいもちゃとまめちゃのこてつさんが救いの手を差し伸べて下さいました
本当に本当に本当に有難うございます

少しでも早い方がいいので、昨日午前中に仕事が終わったら連れて行かせて頂くことにしました。
問題はサビエルがその時間に居てくれるかという事。
寒い時は玄関前の箱に入っている事が多いんだけど、お天気が良い日はお昼の間どこかに行っているみたいで、実際昨日も居なかった;
家の周りを探してみても居ないので、諦めていったん家に入り、再度探しに行こうと玄関を出たら、家のガレージで身繕いをしとった(=^・^=)

「良かった~」と思い、近寄って抱っこしようとすると逃げた
追いかけたらまた逃げる、でも遠くに行くわけではなく、近くで様子を見ていてそ~っと近付いて来て、私が近付こうとすると逃げる、の繰り返しで捕まらない;;;
何で?
いっつもあんなにゴロゴロスリスリするやん(-_-;)

結局そのまんま夜まで捕まらず、先様が「何時になっても、日付が変わってもいいですよ」と仰って下さっているのに甘えて、色々な用事を済ませてから出発する事に。
夜のご飯の時だと絶対捕まるだろうと思っていたのに、近寄っては来るけどいつもでは考えられないほど警戒してる;
何でだろう~~~(?_?)

でもそこを何とかおびき寄せてやっと捕まえる事に成功v
逃げられると困るのでそのまま急いで車の中へ。
そこでやっとこさいつものように抱っこ出来て、最後だから思いっきりゴロゴロスリスリ

でもいつまでもそうしてはいらえないので、不安におののくサビエルキャリーバッグを入れて、夜の9時前にやっと出発
大阪の南の地から、兵庫県の丹波篠山まで。
まったく行った事が無くて不安一杯だけど、そんな事は言ってられない。
先様が日曜日に大阪に来られるので、そこで落ち会いましょうかとも言って下さったんだけど、家に怖い主がいる週末までには何とかしたかったので、直接伺わせて頂く事にしました。
特にあんなガレージの屋根の状態を見たら、またあんな事になったらと不安で、一刻も早くという気持ちで一杯になった。

ルートは分かるけど、初めての地。
今時ナビの付いていない車に乗っている私は、念のため携帯ナビを利用して行く事に。
これが最悪だった(-"-)
調べたルートや、高速道路の標識ではどうしても右なのに、ナビは左だと言い、それに従ったバカな私はおかげで迷うはめに
そこを何とか頑張って軌道修正をし、ようやく目的の地に(ハァ~~~;;;)

道中、サビエルはキャリーバッグの中で鳴き続けて、暴れ続けて、失禁をして、私は運転しながら宥めすかしていたけど、興奮のあまり死んでしまうんじゃないかと心配で心配で
何て可哀想な事をしているんだろうと思うと、申し訳なくて涙が溢れて仕方なかった。
住み慣れた大阪の地から、まったく知らない所、知らない人たちの所に連れて行かれるんだもの。
彼女にとったら良い迷惑でしかないよね。

でもね、追っ払われても追っ払われても玄関の前の箱に入っていて、家の人間が鍵を開ける音で一回一回飛び降りて逃げて(刷りガラスだから中からも丸見え^^;)、そんな毎日を過ごして欲しくなかった。
誰にも邪魔されす、自分が起きたい時に起きる、そんな場所を与えてあげたかったの。

先方様も途中まで出てきて下さって、そこで落ち合ってお渡しする事に。

もう永遠のお別れだと思うと、寂しくて寂しくて、いい年して先様の前で泣いてしまった。
サビエルはまだずっと不安そうに鳴くばかり。
そりゃそうだね。
でもね、これからはもうドアが開く音がする度に逃げなくていいから。
寒い時でも暖かいお家で眠れるから。

先様はそういう活動をされているだけあって、本当にお優しくって、心から安心してお預け出来る方だと確信出来ました。
ここに連れてきて良かった。

そこでお別れして帰途に着く車中で、号泣して前が見えないくらいに(危ないって;)
もうあのゴロゴロもスリスリも無いんだね。
ここ数カ月、心配ばかりで神経をすり減らす事も多かったけど、サビエルと過ごせて楽しかったよ。
アンタがもっとコソッといてくれれば良かったんだけど^^;

ようやく自宅にたどり着いたのは、深夜1時半
こてつ様、こんな遅くに対応して下さって本当に有難うございましたm(__)mm(__)m

サビエルは、そこで保護して頂きながら本当のお家を探して行きますので、里親探しの記事はまだ載せて行きます。
サビエル、今は不安でいっぱいだろうけど、もう思いっきり眠っていいんだよ。
幸せになってね。


で、で、で、で、今朝方先様から頂いた写真。

可愛過ぎ(*^。^*)
サビエル~~~~、何てカワイイの

家では隠れてばっかりだったから、落ち着いて写真を撮れなかったけど、ね、ね、ね、こんなにカワイイ子なんですよ~~~

サビエルの事をブログに載せて下さった皆様、拡散して下さった皆様、本当に本当に有難うございましたm(__)m



最後に・・・私はナビなんて絶対信用しないぞ<(`^´)>


◆里親募集しています◆

ノラ子ですが、とても甘えたがりの可愛い子です。
只今、一時預かり様の所で本当の家族を探しています。

サビエルです(=^・^=) 甘えん坊です^^
記事◆いつでも里親募集中






関連記事

 2012_11_10

Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2012-11-11 15:52  

No title 

おぉ~~良かったー!
サビちゃん一時預かってくれる方
本当にうれしいですね
そこで家猫生活をして
新しいいい里親さんに出会って
沢山幸せになってほしいです(^u^)
okoさんも色々大変でしたが
サビちゃんがいなくなって少しさみしさもあるのかな。。。
本当によかったです
もちゅみ  URL   2012-11-11 17:26  

 

鍵コメCさん
有難うございました。
人間の勝手で遠い所にやられて、彼女にとっては不安ばかりだと思いますが、これからは安心して眠って欲しいと思います。

Cさんもお忙しいようですが、お身体にはくれぐれも気をつけて下さいね。
oko  URL   2012-11-11 20:13  

 

もちゅみさ~~ん
本当にお世話になりましたm(__)m
お陰さまで、取り敢えずは一安心というところです^^

でも居なくなってみると、本当に寂しさで一杯です。
でも、今はただただ彼女の幸せを祈っています。
oko  URL   2012-11-11 20:17  

 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop