*All archives* |  *Admin*

≪09  2017/10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  11≫
2017-03-02(Thu)

逃眠

ひとつ前の猫の日の記事は日付詐称もいいとこで、写真だけはその日に載せるけど、後は開いてはチョッと書いて閉じて、また開いてはチョッと書いて閉じるの繰り返しで、結局何も書くことが出来なくて写真だけのUPになってしまいました。
今回の記事もそうです。

今例の病の最高潮中で、まるで当時に戻ったように、何もかもが嫌で何もしたくなくて、全てを投げ出してしまいたい。
私が全くの一人だったらそう出来るかもしれないけど、相も変わらず居候の身で人様に頼っている分、最低限やる事はやらないと・・・。

家人は私の精神状態を知らないし、言ったところで、傍目からはそんな風には見えないでしょうから、分かってはもらえないでしょう。
親しい友人に言っても「どこが!」ってケタケタ笑われたし、私も本当にうつ病だったらこんな最低限でさえも動けないんだろうなと思っています。
それに以前だったら更年期、今だったら老化のせいだと思われるだろうし。
でも毎日毎日、数秒途切れる事なく「〇にたい」思いである事は確かです。

で、タイトルの通り、こういう時はとにかく布団に入ってしまう。
眠りに逃げて何も考えないようにする。

全てを捨てる勇気も、その思いを実行する勇気も無くダラダラ生きているだけの自分が本当に情けないです。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


話は変わって、ちょっと前の事ですが、家のアン・ポン・タンの目がこんな事に;;;

以前も何度かなった結膜炎です。
「ちょっと目がおかしい」と思っても次の日には元に戻ってるという事がチョイチョイあるので、一晩様子をみてみましたが治らず、病院に電話したら薬だけでも出してくれる言うので、目の薬だけ取りに行きました。
(だって、病院に連れていくの大変なんだよぉ(;´Д`)



薬を塗って良くなったものの、今度は片方の目に移ってしまって、2日ほど薬を塗って様子をみたけど、あまりにも治りが悪く、チョッと長引いてもいるので、大雨の日曜日に病院に連れて行きました。

抗生物質の注射を打ってもらい、諸々合わせて〇千円
私はここ7~8年歯医者以外の医者にかかった事がないというのに、アータの事になるとすっ飛んで行く、何か変じゃない?



でも放っておけない親の弱さ(-_-;)

んでこういう自分が弱っている時だけはペッタリと甘える、あなた売れないジゴロみた~いよ、という歌のフレーズが聞こえてきそう。
女心というか、保護者心を本能的に分かっているのね;



それでもやる事はやります。

夜~はお家で運動会♪でございます





2014-07-27(Sun)

ヨイッショっと!

ああもう・・・色々な事を書こうとブログのタイトルも変えたのに、また放置しっ放しになってしまった

心の中では書きたい言葉が沢山浮かんでいるのに、いざPCに向かうとそこでストップがかかってしまう( ;∀;)
そんなこんなしているうちに、また突然例の発作に襲われて、益々遠ざかってしまって…

こんな事をしていてはイケナイって思う。
いや、決してイケなくはない(どっちや;)
個人のブログなんだから、自分が書きたい時に書けばいいんだし、無理に書く必要は無いもの。

でも今年もすでに半分過ぎてしまった。

毎年、年が明ける度に誓いを立てる。
でも1月が過ぎても2月、3月が過ぎても何もしない。
次は週単位で、月曜が来ると「今週は・・」といちおう気持ちを新たにするも、また何にもしないまま週末を迎えてしまう。
その繰り返しを続けて、私はずっと何年も同じ場所にいる。

「何かしなきゃ」「何かしなきゃ」と思うばかりで、何にも出来ていない。
ブログを書く事がその「何か」では無いだろうけど、書きたいという気持ちがあるなら、ブログぐらいはちゃんと書きたいと思う。
それさえ出来ないでいて、「何か」なんて出来はしないだろうと思っている、いるのにしない。
「しない」事が最大の問題。

だからもう本当に重い腰を無理くり引き上げて、毎日とは行かないまでもちょっと頑張ってみようと思います。
またまたリハビリです

と言っても、これからお盆にかけては、また例によって例の如くの暗黒期でどうなるか分からないけど;;


アンポンタン(最近名前呼ばないなぁ^^;)の最近のお気に入りは、テーブルの下に置いた段ボール箱。
良さげな形のものがあったので、近所のスーパーでもらってきたもの。

今まで色々な段ボールをもらってきたけど、こんな風に入り込むのは初めて。
何がお気に召したのやら(*^-^*)




相変わらず猛暑も何のそのですわ

2013-09-19(Thu)

主治医はニャンコ先生(=^ェ^=)

今日はお月見。
絵に描いたようなまん丸お月さまで、しばらく月光浴していました

そして今日は父のお誕生日
83歳・・・まだまだだよね、もっと楽しい事沢山味わえたはずなのに、私が娘でさえなければ。
また思っても仕方のない事ばかり考える毎日。



この頃また胃の痛みが激しくて、食欲も湧かない(なのに痩せないのは何でだ?)
眠っても、嫌な夢ばかりみて寝ている事に疲れてしまう。
今日テレビでうつ病の事をやっていて、そこに出て来た10のチェック項目総て当てはまったよ;
“うつ状態”じゃなくて完璧なうつ病。
診断されたのは一度だけで、以来医者には行って無いから実際どうなのか分からないけど。

いつも言う事だけど、周りからは絶対にそうは見えないだろうな。
友人に言ったら、「どこがよ? それやったら私の方がうつ病やわ」って鼻であしらわれた。
買い物に行くし、映画もやランチにも行く、こうしてブログを書く事も出来る。
楽しい事いっぱいやってて何がうつ病だって、私だって私みたいな人間を見たらそう思うもの。

でも何を見ても、どんなに笑っていても、楽しいと思う事はまったく無いし、相変わらず毎日〇ぬ事ばかり考えている。
勇気が無いから考えるだけ。

故・小林すすむさんの奥様が、亡くなった旦那様に宛てたメールの中で「私だけが楽しかったり、美味しかったりすると、鬼のように酷い事をしている気持ちになる」って書かれてたけど、本当にその通りで、自分にとって楽しいと思う事をすればするほど、罪悪感でいっぱいになってしまう。
何もかも忘れて楽しんだり、笑ったりする事は全く無い。

もし許されるのであれば、何もしないで、誰とも関わらないで、ずっと引き籠っていたい。
そのまま生涯を終えたい。
でもそんな事が許される身分じゃ無いもの。

生きているのが本当に辛い。
でも某ドラマの中で言ってた、「楽になる事は許されないの」って。
そう思って何とか一日一日を過ごしてます。


その番組で「恥ずかしがらないで精神科(心療内科)にかかる事」って言ってたけど、恥ずかしがってなんて無いよ~、かかっても無駄だって分かってるからかからないだけで

精神安定剤や睡眠薬が欲しいと思うけど、そのためにまた一から自分の状態を説明して、馬鹿の一つ覚えみたいに「時間が経てば元気になります」って言われるのを聞くだけなら、時間とお金の無駄だし、かえって嫌な思いをするだけだもの。
しかも暗に「(年のせいだろ)(更年期なんだよ)」って言ってるのが、例え言わなくても表情に出ているのが丸分かり。

確かにそうなんだろうけど、でもそんな事言って欲しいわけじゃないのよ。
じゃあ何を言って欲しいかと言うと、別に何かを言って欲しいわけでもない。
自分が何を求めているのか、自分でも分からない。
だけど嫌な言葉は聞きたくないの、弱虫だから。

だから医者には絶対に行かない。


nikukyu-line.jpg


そんな親の気持ちをまったく組まない、相変わらずのアン・ポン・タン(名前みたい^^;)ですが、最近はまたこのゴム遊びにハマりまくっておられます。

「チョイ、チョイ」


「ホレッ!」


「トォリャー!」

(お盆の提灯を出しっぱなしでスミマセン;; 片付ける事もやる気無い駄目駄目ぶり


伊集院静さん原作の「いねむり先生」というドラマの中で、奥様の夏目雅子さんを亡くされて精神的に病んでいた伊集院さんがいねむり先生に救われたと言っていたけど、そしたら私にとってのいねむり先生はあーちゃんだね。
あの時あーちゃんに出会ってなかったら…出会わなかった時の事なんて、今はもう考える事も出来ない。

言葉の通じる相手では決して救われなかったものを、例え言葉は通じなくても、あの温もりが救ってくれた。
その存在自体が、私にとって最高の治療薬で、最高の主治医(先生)だった。

見える存在としてはいなくなってしまったけど、ずっと私の心の中にいて、今も私を救い続けてくれている。


そして新しい主治医・・・


「オシッ!」


「アム」


「アムアム」

主治医というには、あまりにも我がままで、暴れん坊で、甘ったれで、本猫は人を救っているなんて気はサラサラ無いのだろうけど、振り回されている事も治療の一種だと日々感じております

可愛い可愛い、私の先生(主治医)です♡(=^・^=)♡


☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒☆☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒☆

PCの具合が悪くて、保存して次を書こうとしても起動しないという事が多々あり、記事とUPした日時が思いっきりズレていて申し訳ありませんm(__)m



◆里親募集しています◆

ノラ子ですが、とても甘えたがりの可愛い子です。
只今、一時預かり様の所で本当の家族を探しています。

サビエルにゃん(*=^・^=*) ゴロゴロ大好き(=^。^=)  甘えん坊です^^
記事◆いつでも里親募集中
2013-03-03(Sun)

これでいいのか?(^_^)

毎週録画に設定している『ボクらの時代』、一週遅れで先週放送の回を見た。

お亡くなりになられた、赤塚不二夫さん・立川談志さん・団鬼六さんのそれぞれの娘さん、赤塚りえ子さん・松岡弓子さん・黒岩由起子さんが出演されていて、お父様の思い出を語り合われていた。

私は赤塚漫画で育ったようなもんですからね^^
同世代の多くの方は共感して下さると思うけど、「♫西から昇ったお日様が~」の逆パターンで、日の出・日没の方向を覚えたもん(^_^;)

皆さんで色々語ってらして、その中で「(親を亡くすのは)人生で一番辛い事」だと言われていて、特に赤塚さんは、お母様を亡くされたその3日後にお父様を亡くされたそうで、「あんなにキツい事は無かった」って仰ってた(「今もキツいけど」ともポロっと)
皆さん私とそう変わらない年代の方だと思うけど(松岡さんが同年代なのは知ってる^^;)、何日も泣いてばかりだったって。
自分がどんなに年を取ろうと、親を亡くすのは悲しいんだ。

大震災があって、色々な事件や事故があって、愛する人たちと悲しい別れをした方が沢山いるのに、年老いた親を事件でも事故でも無く病気で亡くして、しかもいい年をした人間がいつまでも悲しんでいる事への申し訳無さと情けなさが、私の中には常にあった…今もある。

でも、それでもやっぱり悲しい。
それがいつかは皆が通る順当な道だとしても、親を亡くすのは本当に悲しいもの。

週に一度のお休みだから、今日は朝からずっと泣きっ放し。
目は腫れるわ、頭はガンガンするわ、それでまた眠くなるわ(泣くと眠くなるんですzzz)


でもただ一つだけ良かった事がある。
それは、両親が私より先に逝ってくれた事。

特に母は、本当に私に何かあったらどうしようと思ってたもん。
事故や事件にあってもオチオチ死ねないって;

それは私の傲慢で、きっと何とか生きて行くんだろうけどね^^;
でも、決して自惚れでは無く、私が先に逝ってしまったら、母の悲しみは今の私どころじゃ無かっただろうから。
車の運転はもちろん出来ないし、もう自分の力では外に出る事も出来ない母が、寝たきりで悲しみをどうやって乗り越える術があるのか。
それを思うと、残ったのが私で本当に良かったと思う。


変な子だった私は、常々母に「もし私が死んでも、あっちで楽しくやってるから悲しまんといてね」って言ってて、それは本当の本心だったのだけど、それを聞いていた母の(今思えば)寂しそうな笑顔が脳裏に焼き付いている。
そんな事考えたくなかったのかな?

逆の立場で、今はあっちがそう言っているかもしれないって、分かってても悲しみは消えない。
情けないけど、でもきっと「本当にいつまでたっても心配かけるんやから」って呆れてると思う。
昔と変わらず、こんなどうしようもない娘でも愛してくれてるよ。

だから泣きたい時は思いっきり泣くね。
私のいい加減さは親が一番知ってるだろうし。




赤塚不二夫さんの話で、『これでいいのだ!』には敵わないって、松岡さんや黒岩さんが仰った時に、赤塚さんの娘さんが「家の母なんて『これでいいのか?』」って言ってた」と答えられてて、泣きながら大爆笑してしまった(^o^)

私はこれでいいとはまったく思ってないけど、「何とかしないいと」ってずっと思っているけど・・・


「これでいいのニャン




お前はな( ̄_ ̄;)。o0○




◆里親募集しています◆

ノラ子ですが、とても甘えたがりの可愛い子です。
只今、一時預かり様の所で本当の家族を探しています。

サビエルにゃん(*=^・^=*) ゴロゴロ大好き(=^。^=)  甘えん坊です^^
記事◆いつでも里親募集中

2013-03-01(Fri)

悪夢

『悪夢ちゃん』のドラマ大好きだったな。
すっごく面白かった!

きっと続編が有る気がする・・・なんて可愛いもんじゃ無くて、昨晩発作が出た…と言っても、持病があるわけでも無いので、発作と言う言葉は当てはまらないだろうけど、夢なのか現実なのか分からない悪夢にうなされて、目が覚めたら過呼吸が激しくて、辛い辛い長い夜だった。

こんな状態久しく無かったのに、何で今年はまたこんなにぶり返すんだろう?


嬌声をあげた私にビックリしたんだろう、そして普段とは違う様子を察したのか、いつも私の足の間で眠っているヤンチャ坊主が私の顔を覗きに来て、一緒にお布団に入って眠ってくれた(いつもは布団の中に入るの嫌がるのに)


その身体の温かさを抱き締めながら、涙が止まらなかった。



有難うね、本当に居てくれて有難う。

なのに、こんな変な写真しか撮れなくてゴメンねm(__)m(寝ながらだから難しかったんだよぉ





3月になったの機に、もう一つブログを始めることにしました。
始めるというか、リハビリ的な意味も含めて毎日更新する事を目指して開設してたブログだったんだけど、結局放置しっぱなしになってて^^;

このまんま「駄目だ」ばかり言ってても仕方ないので、新たにもう一度始めてみようかと。
ここはどうしても猫ちゃんの事になってしまうし…元々はあーちゃんの記録を残そうと思って始めたんだし。
あっちでは、テレビや映画の感想や何でも語って行こうと思います。
毎日毎日ネタは無いだろうから、夕ご飯の写真なんかを載せたり、ツイッター感覚でやってみよう、取り敢えず。

こうして宣言する事で、自分にプレッシャーをかけています。
こんな事したって、半歩も進んだ事にはならないだろうけど(^_^;)




・・・寝よう・・・


やっぱり睡眠薬欲しいな(-_-;)



◆里親募集しています◆

ノラ子ですが、とても甘えたがりの可愛い子です。
只今、一時預かり様の所で本当の家族を探しています。

サビエルにゃん(*=^・^=*) ゴロゴロ大好き(=^。^=)  甘えん坊です^^
記事◆いつでも里親募集中




プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

グリムス
☆宝物☆

★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。

季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ボクが傍にいるから
ネコサーチ
おおさかねこ倶楽部
http://www.osakanekoclub.com/
月別アーカイブ
リンク
Twitter
最新トラックバック
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
キラキラの足跡
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR