FC2ブログ



スミマセン、またかなり放置してしまいました;

例によって例のごとくの病気がやって来ました。
今年はサビエルの事もあって、それどころじゃないかもと思っていたけど、そんなの関係無いんだなと実感した。
大切なもの、守りたいもの、それら総てさえどうでもよくなってしまう、突如として襲ってくる“〇にたい病”。
実行に起こす人はそこを飛び越えられる勇気がある人。
臆病な私は、ただただうずくまっているだけ。

これから春にかけて、何度襲ってくるだろう・・・



そして、またまたまた困ったサビエルちゃん

裏に段ボールに毛布を敷いたものなんかをコソッと置いてあるのに、どうしても表に出てくる(>_<)

家の玄関の前にある物入れの箱が気に入って、追っ払っても追っ払ってもそこに入っている。

少し前の写真ですが

「コラ、コラ(`^´)」


「にゃによぉ~~~、眠いにょにぃ~


「あ、オバちゃんだ、オハヨー


「スン、スン、スン


抱っこ、なでなでだぁ~~~い好き

本当に、本当に大人しくってカワイイ子なんです。

前回の記事を書いてから、サビエルを病院に連れて行こうと思ってはいたけど、私は平日の夜しか行けなくて、家人に見つからないように行ける時があっても、その時に限って彼女がいなかったり、居ても捕まらなかったり、全然上手く行かなくて、私自身の体調も悪くつい延び延びになっていました。

その間もサビエルはずっと家に居続けて、そして昨日ついに我が家の主が「このまま居続けるようだったら“猫取り”を呼ぶからな!」と言い放った(@_@;)
“猫取り”って、いわゆる保〇所の事

もうのんきに構えているわけにはいかない;;;と、今日仕事を休んでサビエルをやっと病院に連れて行きました。

結果、猫エイズ、白血病共に陰性(ホッ)
でも・・・腎臓の値が少し高くて、今日は点滴をして様子を見る事に。
様子を見ると言っても、外に居る子で、また連れて行けるかどうか分からないのに…
おまけに少し風邪気味なので、その薬までもらってしまった;

今日はネットに入れて、籠に入れて連れて行ったんだけど、車の中でも病院でも、不安気に鳴く以外は本当に大人しくて良い子で、先生も「本当に大人しい可愛い子ですね」って言って下さった。
家に着いて、車から出た瞬間は家から離れて行ってしまったけど、またほどなくして戻って来て、その時耳に怪我をしていた
朝は確かにしていなかったのに、どこかで引っかけたとは思えないし、他の子にやられたのか…
そういえば、家に来始めた頃も腕に怪我をしていた。

彼女にとって他に安心出来る場所は無いのかもしれない。
だから、どんなに追っ払われても家に居るのだろう。
でもそう思うと、どうにもしてやれない事が余計に可哀想になってくる。

何とか、この子だけの場所を作ってあげたい。
どんなに無理でもそう願わずにはいられない。

ごめんね、お家に入れてあげられなくて。
ごめんね、お外でもゆっくり眠る場所さえ無くて。


これからまた里親さん探しの記事を載せる事にしました。

私が当たれる範囲では、もうどうする事も出来なかったので、お力をお貸し頂ける方がいらしたらどうぞよろしくお願いします

この子が保〇所に連れて行かれたりしませんように。



◆里親募集しています◆

ノラ子ですが、とても甘えたがりの可愛い子です。
どうかこの子に安住の地を与えてあげて下さい。
サビエルです(=^・^=) 甘えん坊です^^
記事◆いつでも里親募集中
 2012_11_05


「ギーたん、オハヨー
「あ、サビちゃオハヨー

・・・・・なんてノンキ挨拶をしているわけではな~~~い;;;
サビエルが気になって仕方ないたんたんギー、窓越しの一触即発

それにしてもサビエルは本当に写真写りが悪いなぁ…怖いよぉ(>_<);;;
すっごい根性悪そうに見えますが、本当の彼女は他の猫ちゃんにシャーされるとすぐにゴロンとお腹を見せるような子。
弱いというより、彼女の処世術なんだろうなと思うと、何だか切ない(T_T)


そんなサビエルはもう本当に困ったちゃんで、家人に見つかりまくっとります;
夜に家の誰かが帰って来て家に入ろうとするとその足元に寄って一緒に入ろうとして、しかも昨日なんざ家のいっちゃん(一番)怖い奴が帰って来てもそうで、「絶対家に入れるなよ!」と叱られた

バカか、アンタは!
何でコッソリ隠れていないんだよぉ、見つかったら追っ払われているのに

・・・という私の思いはなんのその、今朝は洗濯道具入れ籠の中にスッポリ。
ここは家の真正面;
家人が何度も行き来する場所;;;;;


で、昼間は最近ずっとココ。
足を投げ出して爆睡してます


家の中から見るとこんな感じ;
色々回って、ここが一番安心出来ると判断したのだろうか、車庫の後ろで車の出入りも人の行き来も激しいのに、まったく動じる気配も無い(+_+)
そのうち絶対見つかるよ~~~

裏に段ボールに毛布を敷いたものをコッソリ置いてるでしょ。
しばらくはそこに入ってたやん、何でこんな家の真ん前に出て来るかなぁ(@_@;)


でも何でこんなに居着いてしまったんだろう?
元々はどっかから来た子なので、どこかに居たんだろうに、何で家から出て行かないんだろう?
私以外の人間に追っ払われても追っ払われても家がいいのか…、何で?

私が、アータが他の家人に見つからないように、毎日神経を擦り減らしてるの分かってる?(もう完全に見つかってるけど;;;)



今日無責任な里親さんの話を聞いてしまった。
サビエルに安住の地を与えてあげたくて、里親さんを探そうと思っているけど、そんな無責任な人に渡してしまって、見も知らない土地に放されてしまうぐらいなら、例え家の者に追っ払われても、今のままの方がこの子にとって幸せかもしれないと思う。
家から離れても、見知った地域で暮らして行けるなら。

難しいなぁ・・・

でも要は力の無い私の問題だ。
「おいで!」と言ってあげられなくてゴメンね、サビエルm(__)m







 2012_10_19

反省(-_-;)

Category: サビエル  

何かを見つめているたんたんギー。
にゃんニャ???
悪さをして背中が汚れています^^;

視線の先にあるのは・・・
snap_shinkoj_2012104205650.jpg

snap_shinkoj_201210421237.jpg
毎日こんな感じ

も~~~どーなのよぉ~~~



昨日載せた里親募集記事は削除しました。

里親さんを探すのは初めてで何も分かってなかったんです;
例えノラちゃんでも、ちゃんと検査をしてからでないと里親さんを探す事は出来ないんですよね。
だけど、サビエルを病院に連れて行って検査が出来るかどうか・・・(避妊手術の時も本当に大変だったから)

取り敢えず、検査が出来るまでは里親さん探しは止めます。
人様に協力して頂くにしても、そこはちゃんとしてからでないとお願いする事は出来ないので。

本当に何にも知らなくてお恥ずかしい





 2012_10_18


これは何でしょう?
?

正解は・・・サビエルだす。
snap_shinkoj_2012103173155.jpg
我が家のガレージの波板の上に乗っかっています;;;
前は2階のバルコニーに登っていて、家人が雨戸を開けてもそこに居て追っ払われていたのだけど、ある時バルコニーに登るのを失敗して落っこちたみたいで(^_^;)、以来バルコニーには居なくなって安心していたら、今度はこんな所に

どうやら彼女は高い所に登るのが好きみたいで、気が付けば我が家の色々な所に登っていらっしゃいます(+_+)
mini_121012_141200060001.jpg
昼間見るとスゴイ猫相悪く見える(本当はカワイイよ(*^。^*)

どんなに家人に追っ払われても、家から離れません

そんなサビエルちゃん、無理を承知で里親さん募集する事にしました。
ちょっと前からいつでも里親募集中さんに掲載して頂いて、行きつけの病院にも手作りのチラシを貼って頂いておりますが、全然さっぱりです(+_+)
ペットショップなんかにもチラシを貼ってもらおうと思ったけど、あんまり広げ過ぎると怖いので止めました。
こんな風に方法も分からないで、ただ募集しているだけでは駄目だろうな;

保護しているわけでもない、ただ居着いているノラちゃんなのに里親さん募集なんておかしいかもしれないけど、この子が他のノラちゃんのようにチョッと来てどこかに帰って行く子なら、こんなに気にはならなかった。
その子にはその子の世界があるのだろうから。
でもこんな人に甘えたがる子には、安住の地を見つけてあげたいと思う。
この子をずっと抱きしめてくれる人を探してあげたい。
無理な願いでも…



 2012_10_17



06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop