FC2ブログ


頑張れ!

Category: ロッキー  

ロッキーが入院しました。

昨日の段階では即答できなかったけど、そうする事にしたそうです。



今朝はお友達のワンちゃんに向かって挨拶をする元気がありました(^^)
でも入院中にどうにかなってしまわないか心配。
人様のブログを拝見してても、入院中に容態が急変してそのまま・・・っていうのもよく見るし。

でも何よりも超甘えん坊の寂しがりやさんが、長い間ひとりぼっちでゲージの中で過ごす事に耐えられるかどうかが一番心配です。
いつもいつも人といる子が、どんな心細い思いをしているだろう。
それがストレスになってしまわないか。

だけど入院して続けて点滴を打ってもらって、少しでも良い方向に向かってくれたら、何より彼が楽になってくれたら、それを願って頑張ってもらうしかない。

今日帰ったらロッキーがいなかった。
その違和感、寂しさ、いなくなるって事はそれがずっと続くって事。
そんなの嫌だよ。



彼がいない間に、“さあ、いつでも漏らしてちょうだい”グッズを全部外して洗濯したんだけど、そこには広々とした空間が(@_@。

でもそんなのいらないから。
いくらでも漏らしていいから、何度だってとっかえひっかえ洗うから。

だから良くなってちょうだい。




頑張れ、ロッキー!


○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。


そして、完全復活したっぽいうちのアンポンタン。

連日の酷暑にもいっこうにまいる気配がございません;;;



でも今日ロッキーがいない事の異変は感じ取っている様子。


優しい優しいお兄ちゃんだもんね。
お兄ちゃんが優しいから、アンタは来た時から大きな顔できたんだからね。

だから、その元気玉をお兄ちゃんに分けてやって。



 2015_08_11


先週の金曜日、王子君が足を診てもらいに病院に行きました。

神経が弱っているけど、年だし手術はしないで薬で様子をみようという事でした。
体重が12,5㎏で重いから、もう少し痩せろと言われたそうですが(いつも言われる;)、心臓の音も正常で食欲もあるし、特に検査もしなかったそうです。
(彼は私のワンちゃんじゃないので、家人がつれて行きます)

早く尿漏れを気にしないでいられるように、オムツがずれない良い方法を考えてやらねば・・・と思ったのに、その日からほとんどご飯を食べなくなってしまった。
よろける足であっちへ行ったりこっちへ行ったりして、寝場所を変えて横になってまま。






きょう病院に行ったら、「危ない」と言われたそうです。
腎臓がとても悪くて、心臓がかなり弱っていると。
後3週間って言われたと。

入院と言われたそうですが、入院したとしても命に責任を持てないと言われて、今日は点滴を受けて連れて帰って来ました。
明日病院は休みだけど、特別に開けてくれるので点滴に来て下さいと。

人工透析(?)みたいな事をすれば寿命を延ばせると言われたそうですが、それも心臓が弱っているからそれで亡くなってしまうかもしれないと。

何で?
心臓の音は正常だって言ったんじゃないの?
なんでこんな数日で弱るの?

・・・・信じられない。

12歳と半年。
若くはないけど、まだまだだよ。

だってさ、病院に行く前日も前々日も、皆が食べていたお肉を隣りでしつこくねだって叱られていたじゃない。
足が悪くても、ボールを追いかけてたじゃない。
宅配の人が来た、ワンワン吠えて、いつもみたいに「アンタが出てよ」って言われてたよね。

まだ一週間も経ってないよ。

大好きなチーズも食べないし、掃除機をかけても何も反応しない、おもちゃには少し反応するけど、振り回して喜びまくりはしない。
何で急にこんなになっちゃったの。

どうしよう。
ロッキーがいない毎日を考えただけで、足元が真っ二つに裂けそう。

何でなの。

何をしても寿命を延ばして欲しいよ。




お母さん、どうかお母さんの事大好きなロッキーを守って。

まだ連れて行かないで。

お願い。





 2015_08_10



06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop