FC2ブログ



晩ご飯はお気に召さなかったのか、品を変えてもプイッと横を向いて新しい寝床に潜り込む。
負けじと別の猫缶を開けてその中に入れてやるとバクバクと・・・(+_+)
お前なぁ~~~(-"-)

後はひたすらこの状態


昨日も今日も道路で轢かれていた猫を見た。
幹線道路なので車を止めることもできずそのまま行き過ぎるしかなく、後で環境局に電話してお願いするだけ。
この子たちは何でこんな大きな道路を横切ろうとしたんだろう?
もちろん、今までだって何度でもこんな場面に出くわしている。
「可哀相」と思ってその時は心を痛めても、そのまま普通の生活に戻って、平気で食事も摂っている。

こうやって事故や、あるいは意図的に人間によって多くの小さな命が奪われている。
それに対して行動を起こしている方も多くいる。
でも私は何もしない。出来ないのは言い訳で、しない。
見たくない現実を直視する勇気がないから。
見ないふりをして済むのであればそうしたいから。
自分が傷つきたくなくて、自分の心が一番大切だからなのだ。
誰も救えないこんな私には、理不尽に命を奪われて行く子達を可哀想と言う資格も無い。


スポンサーサイト



 2010_12_17



11  « 2010_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop