FC2ブログ



突然気持ちが落ちてしまう時がある。
ずっと落ちたままた落ちたままなんだけど、はまり込んでしまって動けなくなる。
そういう時は、悪い方へ悪い方へとしか考えがいかないし、不安だらけで悲観的になるばかりで、そこから一歩も動けない。

生きているのが辛くてたまらない・・・

そんな時、いつもこの子の事を思ってしまう。
辛い日々を過ごしてきたんだな…って。
そこを頑張ってきたんだ。 生きることしか考えてなかったんだよね。
当時と比べて今が幸せかどうか本人に訊かないと分からないけど(^_^;)、安住の地を得たとは思ってくれているんじゃないかなと、都合の良い解釈をしている。

心配したけど、今日は猫缶をほぼ全部食べたし、夕食の鮭や鶏肉もおねだりして食べたし、ま、大丈夫でしょう;
今さっきもコンビニの唐揚げ君食べたもんね

また盗み撮りしてるニャ


そうそう、今日家のもう一人の坊ちゃんが、夜になってまた散歩に連れて行けとせがむので連れて行ったら、あーちゃんもついてきて、ずっと同じコースを一緒にお散歩してた
やっぱり変な猫(^_^;)

今はこの子のために生きている…生かされていると言っても言い過ぎではない気がする。
いけない方向に気持ちが傾く時も、「私がいなくなったらこの子はどうなるんだろう?」と思うと、ちゃんと面倒をみてあげなきゃと思うし、頑張ってもっといいご飯や、いいトイレ、キャットタワーも買ってあげたいと思う。
…なんて、実行できるどころか今は逆にドンドン出来ない方向に行ってるんだけど(-_-;)

それでもこの子がいるから、何とか自分を支えていられる事だけは確か。
なのに超幸せにしてあげられない罪悪感でいっぱいになる。

前にも書いたけど、私と出会ってしまったことを運命だと思ってもらうしかない。
私は貴方から表現することなんて出来ないほど多くのものをもらっているよ。
有難う。
そしてゴメンね。

スポンサーサイト



 2011_02_17



01  « 2011_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop