上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


何だか辛くて辛くてたまらない。

何で大切なものが失われて行くんだろう・・・




スポンサーサイト
 2012_02_27


カムちゃんが虹の橋を渡ったそうです。

言葉がありません。

大好きなお母さんの所に帰りたくて、頑張って頑張って・・・
でももう苦しまなくていいね。
苦しむ姿を見ているのは、お母さん辛いもんね。

でも、例え寝たきりになってもいいからそこに居て欲しいと思う。
どんな事でもするからって。
どうか行かないでって。

だけどそれは人間の勝手だね。

短い一生だったけど、本当に優しいお母さんに助けられて、そのお家の子になって幸せに暮らしてきたね。
姿は見えなくなったけど、きっと今はお母さんの周りで走り回ってるね。

お母さんの元にやっと帰ってこれたね。

お母さんはこれからずっと自分の事を責め続けてしまうけど、「そんな事無いよ」ってスリスリしてあげてね。

あーちゃんに似た君の事が大好きでした。
あーちゃんにちゃんと言っておいたから、向こうで一緒に遊んでやってね。

今まで本当に有難う。




 2012_02_27

祈り

Category: 私事つぶやき  

私が大々々好きで日参させて頂いているブログ様の猫ちゃんが、先日事故にあって集中治療室に入ってたのですが、今夜が峠と言われたそうです。

猫ちゃんが苦しんでるのも分かる、これ以上頑張れっていうのは残酷だというのも分かる。
でもどうか戻って来て!
まだ早いよ!
あんなにお母さんに愛されているのに、まだ逝っちゃ駄目だよ。

その子の命が消えてしまうかもしれないと考えた時の、あのどうしようもない、心がブラックホールに吸い込まれて行くような感覚・・・たまりません。

何の役にも立たないけど、祈ってます。
遠く離れたこの地でただただ祈っています。
もし通りすがりにでもここに立ち寄られた方がいらしたら、一緒に祈ってあげて下さい。

カムちゃん、戻って来て!

 2012_02_26


私が幼い頃から家には犬がいた。
時期は違うけど、2匹の雌犬にそれぞれ赤ちゃんが出来て、皆運良くご近所の方に里子に出す事ができた。

父は田舎の人で、犬を家で飼うなんてまったく頭に無い人だったから、ずっと外で繋いで飼っていたし(当時は私の周りの家もほとんどそうだった)、ご飯もドッグフードをやる事は稀で、いつもご飯にお味噌汁をかけたり、だいたいは残り物をやっていた。
幼い私たちもそういうものだと思っていた。
だからといって、父が犬を可愛がっていなかったかというとまったく逆で、朝は誰よりも早く起きて散歩に行ってたし、一緒に遊んでいたし、オヤツにちくわやソーセージもよくやっていた(これも今ではいけない事なんだろうけど)
当然狂犬病の注射にもきっちりと連れて行っていたし、鑑札も付けていたし、病気になったら病院にも連れて行った。
ただ、必要以上には手をかけなかっただけなのだと思う。

今ならそんな食事を与えていたら飼い主失格になるんだろうな。
結局家の子たちは皆フィラリアで亡くなってしまったから、食事が与えた影響は分からなかったけど(病気でも無いのに血液検査なんて考えた事も無かったし;)、やっぱり可哀想な事をしたのかなと思う。
栄養価の高いドックフードを与えていたら、フィラリアにも勝てたのかな。
そうだったとしても、当時子供だった私には口出しする事は出来なかったけど。



このところ、私の日参させて頂いている二つのブログ様でそれぞれに問題が起きていて、私もわが身につまされて色々考えさせられている。

私と猫との暮らしは、きっと“正しい暮らし方”というものからは程遠いだろう。
あーちゃんの時もそう。
感情に任せて連れて帰ってきてしまったけど、ちゃんと病院に連れて行ってあげる事もしなかったし、食事も人間が食べているお魚とかも(洗ってだけど)普通にやっていた。
口内炎に負けずにいっぱい食べてくれたら、それだけで嬉しかった。

ギーたんは不思議と人間の食事には興味を示さないけど、だからっていいフードを与えてあげているわけではなく、高めのフードに安いフードを混ぜて与えている。
良くないんだろうけど、そうそう高い物ばかりは与えてやれない。

猫は高さが必要だって知っても、窓辺に(背の)高いキャットタワーを置いてやれるような状況ではないから、箪笥や棚でしか遊ばせてやれない。
完全室内飼いではなく、一日に一度は柵の中で外に出している(色々な事があって)

何かあったら私の責任。
でもその何かを極力無くすようにするのが飼い主としての義務なのに果たせていない。


常々思っている事だけど、例えば病気で空腹の猫がいたとして、それを自分も貧しい人間が何とかご飯だけを与えてやる事が出来たとして、その猫はそれで良いと思うのだろうか。
後々まで面倒を見てやる事ができないのなら、目の前で死にそうになっていてもその子にご飯を与えるべきでは無いのだろうか。

いつも自問自答している。
でも分からない。

ただ可愛いから、自分が癒されるから、というだけで命を預かるべきでは無いんだ。
でもどうすればいいのか答えが出ない。

だけど愛してるよ。





にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ




あーちゃんみたいなしっぽの事、幸運の鍵しっぽって言うんだってね。
“長崎猫”とも言うんだよね。
長崎ネコ~*

“幸運の子”だったかな?
病気だらけで、お医者さんも一杯通って、口内炎が酷いからご飯も普通には食べられなくて、とっても手のかかる子だったよ;
おかげで破産寸前になっちゃった(ウソウソ^^;)
あ、そういえば、あーちゃんに出会ってから買った宝くじで1万円当たったっけ
元を取っただけだったけど、あれがあーちゃんが与えてくれた運だったのかな?
・・・なんてね;

ほんっとに甘ったれだったよね。
自分がご飯を食べたら眠いのに、絶対一人では寝なくて、こうやって私に乗っかってきた。
ペタ男だったよ。
だけどアナタ人間でいったらおっさんの年なんすけどね






目に見えた“イイ事”は無かったかもしれないけど、この温もりにどれほど救われた事だろう。
どんな時も寄り添ってくれて、お金なんかじゃ引き換えにならない沢山のものを与えてくれた。
奈落に落ちて行きそうな心も、その身体を抱きしめていると自然と溶けて行った。

今また悲しみが押し寄せてきているのは、“その日”に向って行っているから。
母の時も、父の時もそう、「去年の今頃」の時期は本当に辛い。様々な思いが甦って来るから。
その日に向けて弱って行ったあーちゃんの姿がフラッシュバックされてしまうから。

ゴメンね、これからまたよりいっそうメソメソな私になるけど、その日まで許してね。


今は、あーちゃんと正反対の元気の塊と暮らしてるよ
また何かやってるけど;;;



「今日はこれぐらいにしといてやるニャ



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ


実は、たんたんギーのトイレに頭を悩まされていました(-"-)

以前にも書いたけど、オシッコはちゃんとトイレでするのに、ウ○チだけ違う場所でする。
トイレは家に来てすぐ覚えて、その時はウ○チもちゃんとしていたのに、ある時「ウ○チしないな」と思って心配していたら、別の所でしていた
色々相談したら、「あまり叱るとわざとそうするかもしれない」と言われたので、イタズラしても噛みまくられてもあまり叱らないようにして、ウ○チをしていた場所(テレビ台と壁の隙間)を出来ないようしたら、1~2回はちゃんとしてくれたけど、また違う所でするようになった

それからトイレの砂を替えたり、トイレを蓋付きに替えたり、トイレの周りを囲ったりしてみたんだけど、どうしてもウ○チはそこではしたくないようで、別の所でしてしまう。
別の所といっても、その場所は決まっているのでそこにトイレ自体を置いてみたけど、ウ○チはトイレの外でする(>_<)(ただ、そこは一応の客間になるので、トイレを置くのは避けたかった:)

もう「どうしよう;;;」って思っていたんだけど、先日トイレと砂を替えたら一気に解決した
あーちゃんの時からずっと二層式のトイレを使っていて、たんたんギーもそのまんまで砂とかトイレ自体とかを替えていたけど、砂を取る形式のに替えてみて、ある砂を入れたらもう入れた瞬間からガシガシして、すぐにオシッコとそして何とウ○チまで!!!(それも大量;)

そのままそれを通常のトイレの場所に置いておいたら、今の所別のところでウ○チをすることは無くなった。

ホッとしたよぉ~~~

場所じゃ無くてトイレ自体が嫌だったんだね。
ウ○チをする気になれないトイレだったんだよね。
長い間気付いてやれなくてゴメンね。

ちなみにお気に入りの砂はコレ。
炭の砂というやつで、細かくてサラサラしてるのがお気に入りみたい=^_^=
匂いも軽減されるけど、黒く固まるから尿や便の異常に気が付いてあげられないので、他の砂に移行して行こうかなと思ってるけど、案外難しいお坊ちゃんなのでどうなるやら・・・


近頃はこちらにいらっしゃりまする。

天井が近い。

もう一つの箪笥にも登れるようになりました


アンタはエライ!(でもこっちは大変;;;)


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ





お久しぶりの黒ネコちゃん
昨日も今日も隣りの家で悠々としてた。やっぱりこの辺りにいるみたい。

何か以前に比べて毛艶がよろしいような・・・^^;
顔を上げた写真を撮る事が出来なかったけど、猫相(?)もかなり優しくなっている気がする。
でもこれ以上距離を狭める事は出来ない…すぐどっか行っちゃうし。

同じようなポーズの我が家の破壊王子。
・・・首が無いでよ

眠くなると、台所に来て私の足元でうずくまる。
こんなところもあーちゃんとソックリ。


邪魔だけどカワイイ
でも危ないよ


場所を変えて寝かしつける。
本当に我がままでヤンチャな困ったちゃんだけど、甘ったれのカワイイヤツです(*^_^*)



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ



猫の日という事で、ちょっとおすまし~~~


こんなちゃんとした姿を撮れるのは珍しい;
でももっともっと可愛い姿がいっぱいあるんだよぉ(親バカ^^;)


おっきくなったなぁ・・・


こんなんだったのにね

去年の猫の日。
場所は違えど同じガチャピンとムックのクッションで。

毛の艶が無くなってたね。もっと気をつけて見ていてあげれば良かった。


ヌクヌクだね~~~、あーちゃん


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ




トマトに肥満を防止する成分があると、どこかの学会で発表されたそうで店頭でトマトが品薄になっているそうな(家の近所のスーパーではいつも通り並んでますが)

赤ワインだの、朝バナナだの、紅茶生姜だの、人はすぐ飛びつくけど、結局のところ何も効かないから、こんなに次から次へと出てくるんでしょうね。
効かないっていうより、続かないんでしょ。
どの方法でも何年も続けていればそれなりの成果は出るだろうけど、その前に止めてしまうの。
その前に、何か一つの方法をずっと続けられるような人は、元々ダイエットするほど太ったりしないんじゃないかと思う。

テレビでトマト農家の人を何人か尋ねて「トマト農家で太っている人はいない」ってやってたけど、トマトだけじゃなくて農家の人で必要以上に太ってる人なんて見た事ないもん。
だいたい、それに必要な量はトマト一日一人6個。
トマトジュースだと3缶。
死ぬほどトマトが好きな人でも無い限り、続けられるわけないっちゃ

gubigubi
「オイ;」


ここからは尾籠な話になるので、苦手な方は進まないで下さい。


 2012_02_21


たんたんギー朝のまどろみ(=^・^=)


どこでかと言うと・・・

こんなとこ~~~;;
ヌクヌク♪

私の気持ちがどうだろうと彼にはいっさいお構いなし
あーちゃんはいつも私の気持ちに寄り添ってくれたけど、コイツは私の悲しみや辛さを蹴散らして、関係無く自分の欲望を押しつけてくる

でもそんな“天上天下唯我独尊”のマイペースぶりに振り回されるのが、今の私には必要なのかもしれない。
それで気が紛れるわけではないけど、動かないわけにはいかないもの。


ここからはまた駄目な話。
これからは、こういう話題の時は隠します。






 2012_02_20



01  « 2012_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。