FC2ブログ



4~5日前にすぐ近くで声を聞いて以来(姿は見ていない)声を聞かないなと思っていたら、今日また近くで鳴いていた。
でも以前のように頻繁に声を聞かなくなった。
私の知らないところで鳴いているのかもしれないけど、でも今日声を聞いたという事はこの辺りから離れてはいないのだと思う。


最後に見かけた時、とっても面白かった^^
また隣りの家を悠々と鳴きながら歩いていたんだけど、私が声をかけると
悠然

ニャに?
…って、まるで返事をするように答えた(^-^)

可愛かったなぁ

でもそのままどっかに行ってしまったけど。

この子とはずっとこんな距離のままなんだろうなと思う。
他の猫ちゃんのように、たまに見かける子になって行くんだろうな。



スポンサーサイト



 2012_02_19


昨晩の陰々滅々の気持ちの続きです。

「夜に書いた手紙は朝読み返せ」と言われて、確かに昔夜更かししてタラタラ書いた文章は、朝になって読み返してみるとこっ恥ずかしく思ったものだった。
でも今は、久しぶりのこんなイイ天気の朝に読み返しても恥ずかしくなる事はない。

元来私は、どんなに悲しい事や嫌な事があっても、朝になってピッカピッカのお天気だっただけで気持ちを切り替える事ができた。
決して楽天的ではなく、クヨクヨしまくりの人間だけどそういうノーテンキな所もあった。
でも今は、夜も朝も、雨もイイお天気も、泣いていても笑っていても関係無い。

ずっと悲しいままだから。
ずっと寂しいままだから。

その気持ちの中で、少し大丈夫な時とまったく駄目な時があるだけ。

なんて、ブログで下手くそな絵を描いて遊んでて、そんな事言っても説得力ゼロだけど;
お金も仕事も無いくせに、映画も観に行くし、友人に誘われて食事にも行くし、テレビを見て笑うし、「何がうつだ<`ヘ´>」って、本当にうつ病で苦しんでいる方に叱られるよね。

だから“勝手うつ”。
自分が動けない事を、気持ちのせいにしてるだけ。
周りから見ればただの怠け者だもの。


ここからまたツラツラ語ります。
自分でも何を書くか分からないまま書くと思うので隠します。

猫は出てきません。



 2012_02_19


<世界で一番大事な人がいなくなっても日々は続いてく>

これはback numberの『思い出せなくなるその日まで』という曲の一節です。

失恋の歌なのかもしれないけど、自分に当てはめて聴いてしまう。
本当にその通り。
心が千切れそうになっても、もう何もしたくないと思っても、日常の生活を送らない訳にはいかない。
食べたくないと思っても、お腹は空腹を訴えて音を出す、泣きながらも排泄行為をするし、眠りにも落ちる。
本当に情けない・・・情けなかった…

でもそれが「生きる」って事なんだ。

人間も動物だもの、生きる本能が備わっている。
それに心が伴わないだけ。


そんな時いつもあーちゃんが寄り添ってくれた。
きっと生きる本能で乗り越えてきただろうあーちゃんの事を思うと、何か力をもらえた。
心と身体を引きずるようにして仕事に行く時、「あーちゃんのご飯代稼いでくるね」って自分にハッパをかけるように言ってから出かけた。
そんな恩着せがましい事言ってたから、あんなに早く向こうに行ってしまってのかな?

080923_1926~0001
鬼瓦みたいだったもんね(シツレイ^^;)


でもね、思いだせなくなる日なんて絶対来ないの。
この先何年経っても、何十年経っても、この命がなくなってもこの心がある限り、忘れる時なんて永遠に来ない。

だからこの辛い日々も永遠に続いて行くの。

それが当たり前の日常だと、それで普通だと思えればいいだけ。


…って夜中に陰々滅滅としてたら、また定位置からヤツが

「こんな夜中にまたメソメソしてるんしゅか?」

あんたは天下泰平だわ


  にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ



01  « 2012_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop