上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


昨日も一日ご飯(a/d以外)を食べずに、ずっと眠ったまま。
でも一昨日、昨日と違って、場所を移動してお気に入りの椅子でzzz


昨日は何でかしらないけど、ま~~~よく喋ってました(@_@;)
触った時はもちろん、人が近くを通った時、目と目が合った時、それ以外の何にも無い時でも、とにかく喋る喋る
それを文字に起こすのは難しいんですが、猫ちゃんと暮らしてる方なら分かりますよね?
熱が頭に来たんじゃないかと思ったぐらい(^_^;)

昨日も食欲が無かったので病院に連れて行こうと思ったんですが、結果止めました。
解熱剤は昨日打ってもらったし、行ったとしても点滴を打ってもらうぐらいの事でしょうし。
何よりも、病院に行く事でギーたんにストレスを与えている気がするので、症状が悪化しているなら別だけど、同じ状態なら連れて行くのは止めようと思って。


今日もやはり朝からずっと眠ったまんま。
でも昨日から、何かちょっと違うなって感じていて…食欲が無くて眠っているのは同じでも、力が戻って来ているような感じがした。
きっと熱が下がったんじゃないかな?(と推察する)

それを証明するように、夕方になって自分からご飯を食べた~~~
でも、ペースト状のものをほんの少しだけだけど;
それでも大きな前進です


その後2階へ上って行った・・のだけど、体力が無いので一歩一歩上がって、途中で休憩

「久しぶりだし、お腹に力が入らニャいので、疲れたっしゅ


「でもそこでへこたれないのがボクにゃのさ

この後無事上がって行きました


でも晩はまた何も食べないで、ずっと寝ています。



復活にはまだまだです。
でも、少しずつ…ほんの少しずつ元気を取り戻しつつある気がします。

先生も「(風邪で)一週間ぐらい続く子もいます」と仰っていたので、あせらないで様子を見て行こうと思います。




スポンサーサイト
 2012_04_29


昨日の夜は久々に定位置の一つに乗っかったので、「復活した」と思った…
ら、今日も朝からまったく食欲が無くて、相変わらずずっと寝たまんま。

なので、超久々にこれの出番!
あーちゃん用に購入していた残りがあったので(もちろん賞味期限は○)、与えてみる。
懐かしいなぁ~~~、この匂い。

そのままではチョロっと舐める程度。
スプーンで食べさせようとしても上手く行かないので、結局は注射器で。
当然ながら初めての事で嫌がったけど、それで止めるわけには行かないので、ほとんど無理やり与える。

今日は自らお外に出て日向ぼっこ。
ハーネス無しなので、そばで見守りながらだけど、ここから動く元気はまったく無い。

それにしても、こうやって見るとやっぱりおデ○

昨日の今日だけど、心配なので午後一でまた病院へ。
あーちゃんの時もそうだったけど、過保護かな?

でも病院の待合室ではまた段々グッタリしてきた様子で、「もしかしてこのまま…」なんて変な事考えてしまったよ

熱が40,7℃と昨日よりも高くて、「これは相当しんどいでしょう」と先生に言われた。
でもやはりそれ以外は心配な事(大きな病気とか)無いので、点滴と解熱剤の注射をしてもらって、後はこのまま様子を見る事に。

家に帰ると、また爆睡


食事はまたa/dを注射器で。

でも今日は少しおしゃべりをするようになってきたので、解熱剤が効いてきたのかもしれない。

ただ、↑例の定位置にや他のところのところに飛び乗ろうとするんだけど、出来なくて落っこちてしまう;;;
食べてないから力が出ないんだろうな、可哀想に。

皆様、心配して頂き、お優しいお言葉有難うございます。
気を抜かないで様子を見て行きます。


 2012_04_27


様子が本格的におかしい

昨日は午前中仕事だったので、午後から病院に連れて行こうと思っていたら、親戚の叔父さんが急病で入院したって連絡が入って、バタバタしてて行く事が出来なかった。

それでも昨日はカリカリを少しと、ペースト状の猫缶半分くらい食べたので復活するかなと思っていたけど、今朝になってもう全然元気が無くなってしまって心配

仕事をズル休みして病院に連れて行きます(ここだけの話ですよ;)

どうした、たんたんギー








追記:帰ってきました。

熱が40℃ありました
鼻水も目やにも無いので猫風邪では無く、でも白血球の値が低いので何かに感染したんじゃないかとの診断でした。
ただレントゲンの結果、肺は綺麗なんだけど白いモヤっとしたものがあって、でもそれは若い時の何か(忘れた;)かもしれないし、そこは様子を見てみないと分からないという事と、膀胱が少し大きい感じがする(でも心配するほどではない)と言われました。
後の血液検査の値は総て異常が無く、オシッコの仕方や食欲等に気を付けてしばらく様子を見る事に。

点滴と抗生物質を打ってもらいました。
近頃はハーネスが抜けて脱走する事も無いのに、感染したとしたら何にしたのかな?
とにかくここしばらくは気を付けて見ていないと。


ところで、コヤツに破壊されたキャリーバッグが使えないので、ネットに入れて連れていったのだけど、まあ大人しい事!
車の中でも病院に着いてからでも、診察を受けている間中でも…以前のコヤツからは想像も出来ないイイ子ちゃん
先生や看護師さんたちに皆「こりゃ相当しんどいな」と言われておりました(以前はどんだけ~!って感じ^^;)

ああ、元気なままこの大人しさが続いたらどんなに平穏な毎日か(ま、無理だろうな

帰って来てホッとしたのか、例のおっさんのくつろぎポーズ。


そして爆睡



体重が何と5㎏ですって
ちゃんと決めた量をあげているし、おやつもあまり食べない子なのに…;;;
確かにデカくなったのは分かっていたけど、5㎏とは

飼い主共々ダイエットに励まなくては
総ては元気になってからの話。


血液検査とレントゲン撮影と、点滴と抗生物質の注射合わせて18、000円

ギーたんの健康と私の安心料、プライスレス・・・(何て言ってる場合じゃない(>_<) お金がぁ;;;)







 2012_04_26


今日は朝から不調です。
いつものヤンチャぶりはどこへやら、朝も晩もご飯を食べずに眠っている。

ワクチンを打った後にはこんな状態になった事もあるけど、どうしたんだろう?
もうしばらく様子を見て、この状態が続くようだったら病院に連れて行こう。





いつもはヤンチャに手を焼いているのに、元気が無いととたんに心配になる



 2012_04_25


↓駄目駄目記事には鍵をかける事にしました。

本当に落ちてる時は書く事も出来ない。
でも、どうしようもない思いを吐き出してしまいたくなる時、一応公開しているブログなので思いっきりの本音は書く事は出来ないし、でもその思いを抱えたままもんもんとしているのは辛い。

そんなのは普通の日記に書けよと思われるでしょうが、一人で紙に向ってではなくて、外に向けて吐き出したい思いがある、でも人様には見せられない・・・なので鍵をかけました。


で、本題です。

昨日また自動車による痛ましい事故が起きました。
ついこの間の祇園の事故もそうだし、今回は特に18歳で無免許運転だし、100%加害者が悪いに決まっている。
突然に命を奪われてしまった方々とそのご家族の思いは想像だにできません。

だけど私はこういう事故が起こる度に、いけない事だろうけど加害者とその家族の方に思いが行ってしまう。
事故を起こしてしまった当人は言語道断だろうけど、その家族は一生重い十字架を背負わされて、これからどうして生きて行くのだろう。
私自身、ハンドルを握る身としていつ自分がこんな事故を起こすか分からない。

当然無免許や飲酒運転はもっての他!
でも私も自動車同士の事故は何度かやってるし、一昨年は自転車をはねてしまった。
相手の人に大きな怪我はなかったものの、一歩間違えば取り返しのつかない事になっていたかもしれない。
他にも居眠りして前の車にぶつかった事もあって、その時はほんのコンッとだけで、相手の方の車に傷もつかなかったのでそのまま許して頂けたけど、これだって運が良かっただけで、本来なら大事になるところだった。

気を付けて運転はしているつもりだけど、でも油断もいっぱいあるし、ヒヤッとした事も何度もある。
車は本当に怖い。
いつわが身に起こるか分からないと思うと、加害者をただ糾弾する気にはなれない。


でもこういう危ない通学路は日本中いたる所にある。
私の地域にも、朝7時から9時までは自動車進入禁止になっている抜け道の狭い道路があるけど、平気で通って行く人たちがいる。
皆いい年した大人
事故が起きた道路も、一方通行になるからって通学路なのにスピードを出す人が多いって聞いた。
ガードレールも必要だろうけど、一番大切なのは運転する人間の意識だと思う。

本当に気をつけよう。

後ろの車に「トロイおばはん!」って思われても安全第一で行くぞ~~~!!!


 2012_04_24


この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

 2012_04_23


ポテ丸です。

↓の猫ちゃん、写真ではそう見えないけどポテポテしてるので勝手にそう呼んでます^^;
“ちゃん”か“君”か分からないけど、○マ○マが無いので女の子かな?
男の子だったら去勢済み?

今日も朝と夕に呼ばれました;;
お家の子になりたいのかなと思っても、そのうちまたどっかに行ってしまう。
この間なんて、車で帰ってくる時家の近くを歩いているのを見かけたから、窓を開けて呼びかけたのにまったく無視してスタスタどっかへ行ってしまったし(ーー;)
雨の時はやって来ないし、やっぱりどっかに寝床があるんじゃないかな…

同じトラ柄だから、どうしてもあーちゃんの事を思ってしまう。
あーちゃんが戻って甘えに来たのかな…って。


同じ角度の写真が無くて、ちゃんと比べる事は出来ないけど似てるかな?
でもやっぱり違うかな?

どうしてあげればいいのか、頭を悩ませています



話変わって、私アメブロにも登録しているんです。
でもこれで5度目ぐらい^^;
アメブロを使っている方にコメントする時には登録していないと駄目なので、登録して、せっかくだからここは猫ちゃん中心にして、それ以外の事を向こうで書いて行こう…と思うんだけど、結局は何も書かないまんま放置しっぱなしになってる;;;

猫事も、それ以外の事も、同じ日常の中の出来事だから、あっちとこっちという風に分けるのは難しいし、第一に邪魔くさい(^_^;)
あっちでは好きなドラマや音楽の事を書いて行こうかな・・・どーでもいい話です;


 2012_04_17


いつも勝手にお邪魔させて頂いている、くるねこさんのお家のもんさんが虹の橋へ行ってしまった事をブログで拝見して、しばらく何も手につかなかった…
今は去年の“その日”が近付いて来て、感情がいつもより過敏になっているし、涙が止まらなくて久しぶりに目が腫れ上がってぶっさいくな顔に(-_-;)

でもしっかりお医者様に診てもらって、抱えきれないほどの愛情を受けて、もん様は幸せな猫生でしたよ。

悲しいけど、人ともその他の動物たちともずっと一緒にはいられない。
もちろんずっとずっと一緒に居たかった。
でも、こんな事言ったら叱られるかもしれないけど、私より先に逝ってもらわないと困るから、少し安心する気持ちもあった。
また会えるまでの時間は長くなるけど、「待っててね」って。

私は時間が経って、猫神様に呼び戻されんだって思うようになりました。
この世での使命を終えて帰って行ったんだね。


・・・・ゴメンナサイ、これからしばらくはまた感情が乱れると思いますので無視してやって下さい(-_-;)


これは我が家の勝手口で私を呼ぶ猫ちゃん。
(関連記事やっぱり“縁”だと思う



基本は朝と夕だけど、時にはお昼間でも夜中でも、私が台所に立っていると呼びかけてくる。
ご飯が欲しいのかなと思ってあげても、ほんのチョッと口にするぐらいでお腹を減らしているようでも無い。
人の足元までくるけれど、触れようとすると猫パンチをお見舞いされるし、お家に入りたいのかな?とも思うけど、必要以上に近付くと逃げるし、そのうちどこかへ行ってしまう。
後をつけて行った事もあるけど(ストーカーか;)、人様のお庭に入られて後は分からなかった。
寂しいのかなとも思ったけど、帰る場所があるようだし・・・
何なんだろう、この子?
どう対処したらいいのか分からない;
呼ばれる度にドアを開けて相手をする私がイケナイのかな?

ずっと気になっている黒猫ちゃんは、相変わらずのまんまで暮らしてるようだし、この子もこのまんまでいいんだろうなとは思うけど・・・

「じゃ何で私を呼ぶのよ?」

と問い詰めてみたい今日この頃です



 2012_04_13


カラーボックスの整理用に買った箱なんです。


決してアータのベッドでも




でんぐり返しのためのものではないんです(*_*;


何でもかんでもおもちゃにしてしまうわが家のヤンチャ坊主

病院からフィラリア予防注射のハガキがやって来ました。
行かなくては・・・
・ 








キャリーボックスがな~~~い

あるのは残骸のみ



何でこうなったか・・・原因なんて一つしかない。

わが家の破壊王。

コイツだ

「ニャンだって~

こ、怖いよぉ~~~

あーちゃんのために買ったキャリーボックス。
コヤツが来て、最初の検診→ワクチン接種→去勢・・・の病院通いの間にとうとうこんな姿になってしまった;;;

行き帰りの車中、ま~~~この中で暴れる暴れる
で、とうとう中から破壊して出て来た

こんなニャンコが他にいるのだろうか;;;
病院の先生は行く度にボロボロ度がUPして行くキャリーバックにただただビックリ(@_@;)


以来ずっとキャリーバックが安くなるのを待ってるんだけど、そんな事言ってられないかなぁ?
でもやっぱりお得な時に買いたいし、ついでに可愛いご飯の器も買いたいし・・・
取り敢えずネットで代用しようかな。








 2012_04_06


お外を見て何か言ってるなぁと思ったら、鳥さんに話しかけている様子
カラスさんかな?雀さんかな?


こんな風に鳥さんに話しかけるのは、飼い猫ちゃんだかららしい。
自分でご飯を見つけないといけない猫ちゃんにとっては、鳥さんもご飯になるからそんな風に声を出して逃げられるような事はしないのだとか。
何か切ない話だな

風が苦手な王子君も今朝はお家の中に。

禁断の恋、決定的瞬間

・・・なんちゃって^^;


こうやってキーボードを打つ事は好きだけど、PCに関しては全く駄目な私…“解凍”するって事が分からない;
メールに添付してもらったけど、容量が少ないせいか尻切れトンボになっていてさっぱりだし(ーー;)
こんな事も出来ないようじゃ駄目だなぁ





 2012_04_04



03  « 2012_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。