FC2ブログ



ご無沙汰ですm(__)m

例によって例のごとく、例の病気が出ていました。

・・・・が、そんな事を吹っ飛ばす大事件が!!!!!

コレです、コレ! この仔~~~~~



今朝方から急に近くで仔猫の鳴き声がして、でもどこで鳴いているのかは分からなくてしばらく放っておいても、まったく鳴き声が止まなくて、たまらなくなって探しに行ったら、何とお隣りの駐車場の車の下で鳴いていた!!!

生後一カ月は経っているだろうか、小さな小さな仔。
性別は定かでないけど、小さいのに家の王子君に「シャーっ」とする気の強さから、男の子ではないかと思う。
そして何よりカギしっぽ!
トラ柄でカギしっぽ・・・あーちゃんの生まれ変わりだ!!!とっさにそう思った。



今のところ、仔猫用のキャットフードには事欠かない我が家ですので、ご飯は

でも、問題はここから。

家には置いてやれない・・・

事情をご存知の方ならお分かりでしょうが、居候の身の私にはギーたんを置いてもらうだけで精一杯。
朝ご飯をあげていたら、「捨てて来い!」って言われた。
私自身も、仕事に行っている間にどこかに行ってくれるんじゃないか、そしたら縁が無かったって自分に言い訳できるなんて最低な事を思ってた。

でも、帰って来たら外に置いてある棚の上で待っていた。
何時間も、日差しが強くなる中そこにずっといたのだろう、朝より少し衰弱してる気がして慌てて家の中に入れた。
でもそれも今日だけ。
今日は家人が泊まりでいないから入れてあげられるけど、明日はそうはいかない。
家の中に入れてはいけないばかりか、外に置く事も許されないだろうし、外に置いておくには小さ過ぎる。

なので、今必死で明日中に預かってくれる人を探しています。
少ない伝手だけど、頼れるものは総て頼って。

本当は自分が情けない。
こんな小さな命を守ってあげる事も出来ない。
あーちゃんの生まれ変わりなのに、家に置いてあげる事が出来ない。
無力でどうしようもない自分が情けなくてたまらない。





同じポーズ^^(下があーちゃんダス)

ごめんね、またお家の子になりに来てくれたのにダメなお母さんで…





こんなに可愛くて愛しいもの、二度も捨てられない。


スポンサーサイト



 2012_06_02



05  « 2012_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop