FC2ブログ



久々にあーちゃんの眠る供養塔の写真です。


桜を入れようと思ったら、こんな角度からになってしまった;

来月にはもうこんなショットは撮れないので、UPしてみました。
今は月命日ぐらいにしか行かなくてゴメンねm(__)m
でも心の中にはいつもいつもいつもあーちゃんがいるからね。

ほ~~~んとにいいお天気だったなぁ
暑いぐらい。

家の中も、網戸にして風を通したいなぁ・・・

あ、「やればいいじゃん」と思ったでしょ?
それが出来ないんですよ、ええもちろん

コイツのせいで!!!

昨年網戸にしていたら、気が付けば我が家の網戸の四隅はドえらい事に

引っ掻かれて大丈夫な網戸にしようと思ったけど、網戸自体を開けようとするから同じ事だろうし、脱走防止柵なんて勝手には出来ないし、余裕も無いし、かくして暑い中窓を閉め切って過ごすしかないのです


四つ葉 


今日名取裕子さんがテレビに出られてて、最愛のお父様を亡くされた後(お母様は名取さんがお若い頃に他界)、パニック障害と自律神経失調症になって辛い日が続いたけど、犬と一緒に暮らすようになって「この子たちには私がいないと」と思うようになったのをきっかけに、少しずつ立ち直る事が出来たというような事を仰ってて、「私も同じだ」なんて図々しい事は言えないけど、気持ちはすごく近い気がした。

昔、私の好きだったアーティストさんで猫好きな人が、猫の好きなところは「放っておいていい感じのところ」って言ってて、一般的にもそういう認識があるし、私も猫ってそういうもんだと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・

どこが???


「放っておいていい感じなんて、よく言ってくれましたね」って、そのアーティストさんに会えたら言ってやりたい(会える訳ないけど)!


甘えるは、拗ねるは、怒るは、反抗するは、自分の欲望を訴えて来るわ、喋るわ・・・

ぜっんぜん放っておいて良くないやん

そのうえ、ご飯代やら、何かあったら即病院に駆け込む病院代やら、物入りな事ばかりで日々キュウキュウだけど(>_<)
でも今何とか生きているのは猫ちゃんのおかげだから。

今も度々過呼吸になるけれど、布団の上のモフモフに触れて、その寝息を聞いているだけで気持ちが安らぐ。
何にも、もうどうでもいいと思ってしまう時も、この子のためにお金を稼がないとと思う気持ちで、仕事にも行く事が出来る。

この世で一番幸せにしてあげたいなぁ…思うだけだけど(-_-;)

四つ葉 




また動画をUPしてみました。
相変わらずの汚さで、しかも何か変な声がしてスミマセンm(__)m


◆里親募集しています◆

ノラ子ですが、とても甘えたがりの可愛い子です。
只今、一時預かり様の所で本当の家族を探しています。

サビエルにゃん(*=^・^=*) ゴロゴロ大好き(=^。^=)  甘えん坊です^^
記事◆いつでも里親募集中


スポンサーサイト



 2013_04_05



03  « 2013_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop