FC2ブログ


やっぱり“縁”だと思う


まるで台風のような暴風雨です
台風かよ;;;

しかしてうちのボンには何の興味もござらなさそう;
ニャに?
「にゃんかお外がうるしゃいみたい」

そんニャの関係ニャ~(-。-)゜゜゜
「ま、どんなにお外がうるしゃくても、僕の眠りの邪魔にはにゃらにゃいのさ


台風の時はもちろん、こんな酷い雨風の時も、冬の寒い日も夏の暑い日も・・・お外で暮らしているニャンコちゃんたちはどうしているんだろうと思ってきました。
それは猫と暮らすようになる前からずっと。

どんな天候にも関係無く、↑こうやってヌクヌクと眠っている姿を見ると“こっち=幸せ:あっち(外猫)=可哀相”と思ってしまうけど、そうは一概に言えないんじゃないかと最近思うようになってきた。

例の黒猫ちゃんは、相変わらず家の近所で「あ~う、あ~う」と鳴いている。
初めは気になって気になって、迷い猫サイトに載せたり、警察に届けが無いか調べたり、保護するべきかどうか真剣に悩んだ。
実際には保護なんて出来るような身分じゃないんだけど、でもどうしようもなくなったらそうしなけらばならないだろうと、本当に思っていた。
でも、彼は悠々とのんびりと近所を歩きまわっている。

その黒猫ちゃんのせいかどうか、最近色々な猫ちゃんを目にするようになって、その中に朝と夕に勝手口の外で鳴いて私を呼ぶ子がいて、お腹が減っているのかと思うと、それはそれはプクプクとした猫ちゃんで(^_^;)
足元にすり寄ってくるけど、触ろうとすると怒って引っ掻こうとする;
でも人の顔を見て「ニャーニャー」と何かを訴えてくる。
お腹に赤ちゃんがいるのかな?と思ったけど、そうでは無さそうだし、寂しくてお家に入りたいのかな?と思って様子を見ていても、どうやらそうでは無さそうだし、しばらくするとどっかへ行ってしまう。
何なんだろう(@_@;)

家の近くで見かける猫ちゃん全般に言える事なんだけど、皆プクプクしていて首輪をしていないだけでは飼い猫ちゃんかノラちゃんかは分からない;
例えノラちゃんでも飢えてはいないのだろう。
どこかに帰って行く猫ちゃん達には、きっと自分の場所があるではないかなと思う。

上手くは言えないけど、猫ちゃんたちが保護される事も、ノラちゃんが家猫さんになる事も、すべてそういう“縁”があるのだと思えてならない。
以前車を運転していたら、目の前の道路をそれはそれは小さな、一本の足の先が無い仔猫が横切った(どの足かは忘れたが)。
当時も猫を飼える状況では無かったけど、思わず車を止めて保護しようとして、結局は溝の中の穴に逃げ込まれてしまった。
それから2週間ほど、毎日猫缶を持ってその辺りを探して回ったけど、二度と会える事は無かった。
またある時は猫風邪をひいている猫ちゃんに出会って、ミルクをあげようと買いにっている間にその子はどっかに行ってしまったり…。

出会っても、どんなに近くにいても、一緒に暮らすまでは行かない子も沢山いて、そういう場合は、その子が私といる事を望んでいないんじゃないかなと思う。
何かあったら猫ちゃんの方から言ってくるんじゃないかな…と思うようになってきた。

何が幸せかどうか、人間には図り知れない・・・



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ



関連記事

 2012_03_31

Comments

ありがとです♪ 

コメント、ありがとうございました。

ぽんちゃん、うちのふくと同じ、もふみんがお気に入りなんですね~♪
後ろ足がカワイイです。

野良さんのこととか、考えるとせつなくなります。
みんな同じ命なのに、みんな全然違う・・・。
みんながしあわせになるのは、とてつもなく大変なことに思えます。

ねこバカ日記ですがどうぞよろしくです。
応援していきますね。
ふくママ  URL   2012-03-31 15:39  

 

ふくままさん、早々にお越しいただいてコメントまで有難うございますm(__)m

猫ちゃんにとって何が幸せかは分かりませんが、一ニャン一ニャンが穏やかに過ごせたらいいなと願います。
難しいでしょうけど。

ねこバカ日記さんとっても楽しいです(^-^)
うちも許されるのであれば沢山の猫ちゃんと暮らしたいのですが、無理ですので人様のブログを覗いて癒されています^^
こちらこそよろしくお願いします。
oko  URL   2012-03-31 17:58  

 

私も縁だと思います
ブログでは全然書いてませんが
母はずっと地域猫の世話をしています
そこで実家猫になってる子は
可愛い猫がなってるわけではなく~
色々な理由や縁でなっているように思います(昔から。。。)
さっちゃんも捕獲しにいってその時見つからなかったら
うちの子にならなかった子だったし
おふみもちょっとの差でうちの子になったり
(ちょっと遅れていたら~黒猫が欲しい、と
いう方が来たそうで)
縁を感じてます

4月になりました
今月もよろしくです^^

大荒れの天気でしたよねー(+_+)
もちゅみ  URL   2012-04-01 00:38  

 

もちゅみさん いつも有難うございます。

お母様地域猫ちゃんのお世話をされているのですね。
猫や犬ちゃんと共存出来る地域になってもらいたいですよね。
でも、ノラちゃんと飼い猫ちゃんの違いを見極めるのは難しいです;

その勝手口でいつも私を呼ぶ子は、寂しそ~~~な顔で私を見るので、「お家に入る?」って何度か誘ってみたのですが、そんな気もなさそうですし、そのうちどっかに行ってしまいますし、こんな子も保護する必要があるのかな?っていつも考えています。
やっぱり縁なのだと思います。

私は読み逃げばかりさせて頂いているのに、いつもコメント頂いて有難うございますm(__)m
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
oko  URL   2012-04-01 08:47  

 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2020_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop