FC2ブログ


2年7ヵ月と12日


一昨年の今日、子供の日。
あーちゃんは虹の橋へ旅立って行きました。

ここしばらく、何にも考えないようにしてた。
ギーたんの病気の事なんかでバタバタしていたけど、本当は「一年前の今日は…」と思ってばかりで、でもそれを思う胸が潰れそうになるので、何とか知らんふりして自分の心を守ろうとしていた。
・・・でもやっぱり無理だった。

あーちゃんと出会って2年7ヶ月と12日。
ボロボロの私を救ってくれて、いつもいつも寄り添ってくれていた、大切な大切な宝物。
その宝物を、2年7ヵ月しか守ってやれなかった。

私と出会わなければ…って何度も何度も思った。
そしたら他の良い人と出会って、病院にもちゃんと連れて行ってもらえて、もっともっと長生きできただろうにって。
私が本当に辛くて辛くてどうしようもない時に現れてくれて、いつもいつも私の悲しみに寄り添ってくれた。
父が亡くなった時も、いつもと違う場所で眠る私の布団の中にも入って来てくれたね。
悲しい時、辛い時、あーちゃんを抱きしめて、その温もりを感じてどれほど救われただろう。
だからこんなに早く逝ってしまったんだと、今も思ってる。
私の辛さや悲しみを全部背負わせてしまったから、命を削ってしまわせたんだって。
ただでさえ病気の塊だったのに・・・。

ただ時間が経って、あーちゃんの事「可哀想」っていうのは止めようと思うようになった。
私と出会ったのが災難だったとしても、沢山の病気を抱えてあーちゃんは頑張っていたもの。
何度も駄目になりそうになって、でもまた復活しての繰り返しで、辛くて苦しかっただろうけど、それでも生きる事を諦めなかった。
本当に最期の最期まで精一杯だったもん。
そんなあーちゃんの猫生を「可哀想」っていうのは失礼だと思うから。

「ゴメンナサイ」は、今度会った時に直接言うね。


家に来たその日から、人の膝の上でくつろぐ猫
今思えば、突然連れて来られた見知らぬ家で、見知らぬ変な人間によくもこんなにベッタリできたね(^^;)



顔も身体もカピカピ

布団の中の腕枕と(ちなみに↑同じニャンコです)

日向ぼっこが大好きだったね。


忘れないよ。
これからも色々な猫ちゃんと関わる事があるかもしれないけど、あーちゃんは私にとって永遠に特別な存在。
姿は見えなくなっても、大切な大切な宝物だから。


わかさぎちゃんをお供えしようと思って探したけど、近所のスーパーには無くて、もう一つあーちゃんが好きだったカニカマをお供えしました。

お下がりは、家のアンポンタンが食べてくれたからね。
             
             
             
             
             

「またニャンか言ってるけど、僕はお腹いっぱいで眠いにゃん


申し訳ありませんが、今回はコメントの返事お休みさせて頂きます。



関連記事

 2012_05_05

Comments

No title 

そっか~あーちゃんはそういう存在だったんですね
とっても人なつこくてお利口そうです
今は虹の橋で
いろんな猫ちゃんと楽しくすごしてると思います。。。
なんかね、こうして思い出すと
やはり悲しさがこみあげてきちゃいますよね
けど、こうして記事にして思い出をはなすのも
あーちゃんの生きた証ですもんね。。。
もちゅみ  URL   2012-05-06 16:48  

No title 

あーちゃんの事をこうして文章に
綴れる日が来て良かったね(=´∇`=)にゃん
komomo姉  URL   2012-05-07 16:22  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2012-05-08 16:24  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2012-05-08 21:13  

 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2020_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop