FC2ブログ


結膜炎ですって◉◉


何度見てもカワイイ
激カワ(*^_^*)(*^。^*)


そうなんですよ~~~、サビエルはそれはそれはカワイイ女の子なんです
なのに家では変なところに居る時ばかりで、アングルも良く無くてこんな写真ばかり;;;
怖っ!

玄関を開ける時、ちゃんとどっかに隠れていてくれないかとドキドキする事がなくなって、安心する気持ちはもちろんあるけど、でも出てきたのが私だと分かると、「ニャッニャっ」と鳴いてスリ寄って来るあの姿が無い事が、寂しくて寂しくてたまらない
だけど、昨日今日と主が出たり入ったりする度に、「もう見つからなくていいんだ」と思うと、本当に安心する。
結局はただの人間の身勝手だけど。

そんなサビエルの姿は、今日もこちらで見る事が出来る。
車で片道約2時間の遠い道のりだったけど、もし近くの全く知らない人が引き受けてくれると言っても、私はきっとこちらの方を選ぶだろう。
心からの安心感を距離や時間には代えられない。


そんなサビエル三昧で、すっかり影の薄くなった我が家のおぼっちゃま。
サビエルが行ってしまったその同じ日、朝からチョッと目やにが出ているな…と思っていたら、夕方昼寝から起きてきたら右目がシバシバとエライ事になっていた
病院が閉まる30分前、慌てて病院へ直行!!!(この時サビエルまだ捕まらず)

着いたら病院の受付の人に「今日は誰?」と言われた(「誰」って;)
「あ、今日は本当の子ね」だって(^_^;)

病院についたとたん、あんなシバシバだった目がパッチリ開いて、「何だ、何でもなかったんだ」と思ったけど、せっかく来たのだからと診てもらう事に。
目に傷は無かったものの、やはり腫れていて、抗生物質を打ってもらい、目薬をもらって帰ってきました。
しょぼしょぼ◉◉

「いわゆる結膜炎です」とな
いったいまたどこで悪さをして来たのやら(@_@;)

結膜炎ニャ;

目薬を2回ほど差したら、もうパッチリ元の目に戻りました




◆里親募集しています◆

ノラ子ですが、とても甘えたがりの可愛い子です。
只今、一時預かり様の所で本当の家族を探しています。

サビエルです(=^・^=) 甘えん坊です^^
記事◆いつでも里親募集中


関連記事

 2012_11_11

Comments

No title 

okoさん、こんばんは☆
サビエルちゃんの保護先が決まって、本当に良かったですね!
そして、はるばる丹波篠山まで送り届けて来られて、
本当にお疲れ様でした!

事の顛末を読みながら、私も泣いてしまいました(T_T)
サビエルちゃん、きっと急な展開で驚いたとは思いますが、
やっと落ち着いて過ごせる場所が出来たのですね。
ニャンコながらに色々と合点がいって、
今頃、絶対okoさんに感謝してると思います!

これから寒くなっていくし、okoさんの気苦労もなくなり、
サビエルちゃんのために切ない思いをすることもなくなり、、、
本当に本当に、よかったと思います。
そして、okoさんの勇気と行動力に、心から敬服します!

サビエルちゃん、めちゃめちゃ可愛いですよね♪
実家のサビ猫でも、写真写りの悪さはよ~く知っていますので、
ギャップに思わず笑ってしまいました。
私も、初めてサビ猫を見たときは「何この模様!?」と
ビックリしましたよ!でも、今ではとっても愛着があります。
きっとokoさんも、そうなのではないかしら ^^

サビエルちゃんも、家ネコとしての暮らしに早く慣れて、
いい里親さんに巡り会えるといいですね(*^^*)

そして、ギーちゃん♪真っ白できれいなニャンコさんですね!
こちらが本当の、okoさんのネコさんなのですね。
結膜炎とは可哀想に・・・でも、大きな傷とかじゃなくて良かったです。
どうぞお大事に!^^

またも長々と、失礼しました!またおジャマしますね♪
まび  URL   2012-11-12 20:34  

 

まびさん
またいらして下さって有難うございますm(__)m

サビエルのためというより、彼女の事で気を揉みたくない私のためにした事で、人間の勝手ですよね。
でも、私にはああするし考えがつきませんでした。
家の近くで、TNRの活動をされている方がご飯をあげている猫ちゃん達がいるのですが、その子たちはご飯の時以外はどこにいるのだろう?と思うぐらいですが、皆艶々していて元気そうなんです。
もちろん大変な事はあっても、そんな風にお外で暮らしていける子だったら、こんな風には思わなかったでしょう。
だけど彼女は家で暮らせるなら、その方が良いと思ったんです。

そうそう、私も初めてサビ柄の猫ちゃんを知った時は、「汚い」とさえ思ったのですが、実際接してみると本当に人懐こくって、カワイイですよね(*^_^*)

そしてうちのアンポンタンギー。
ええ、ええ、これが家の本当の(?)息子でございますが、これがも~~~~~獣医さんも驚くほどのヤンチャ坊主で(@_@;)
本当に困ったちゃんなんです、可愛いのは見た目だけ^^;

色々ご心配頂き、お優しいお言葉有難うございました。
また是非いらして下さいね。
oko  URL   2012-11-12 22:43  

 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop