FC2ブログ


さくらねこ


寒いです~~~

こうして家の中にいてモフモフでヌクヌクしている姿を見ると、お外のニャンコちゃん達はこんな寒い日にいったいどうしているんだろう?と心配しますが、でも彼ら(彼女らは)彼らでしっかり生きているんですよね。
台風の日でもゲリラ豪雨の日でも、それが治まればさほど濡れたようすもなくやって来る。

人間がいらぬ心配をするより強かなのだと思う(そうでなければ生きて来れなかったんだろうけど)

mini_121111_08360007.jpg

実は少し前から、サビエルが縁で知り合ったご近所でTNR活動をされているKさんが、猫ちゃんにご飯をあげている場にちょくちょく遊びに行かせて頂くようになったんです。
だからといって私自身はそういう活動をする力がないので、ズルイようですが「私は出来ません」と初めに言って、「それでもいいですよ」と言って下さったので、猫ちゃん達の顔を見るだけに寄せて頂いてます(ほんのチョびっとお手伝いを^^;)

みんなKさんのおかげで去勢・避妊されていて、プクプクして毛艶も良くて本当に可愛いんだけど、
普段はどこで居るのかな?と思うと、チョッと切なくなります。
みんな連れて帰りたい!
それかこの公園を買い取って、みなのお家にしてあげたい!
・・・って夢みたいなことばかり思ってしまいます;

そうだ、数年前その公園のあたりでずっと同じ木の下で座っていた黒猫ちゃんがいて、本当に人懐っこい子で首輪もしていたので、私ペットショップに貼られていた迷子の猫ちゃんかもしれないと思って、掲載主の方に電話をかけて見に来てもらった事があります。
結果は違ったけど、気になって気になって、でも首輪をしているし、痩せていないし、毛艶もいいし、どこかのお家の猫ちゃんがお散歩に出ているのかもしれないと思ったり。
でも誰かが「耳を切られている」って言ってたので、見てみたら本当に切られていて、誰かにイタズラされたんだと怒りでいっぱいになったけど、アレは耳カットだったんですね。
その時はまだ猫が家にいなくて、そんな事知らなかったし、だから今もTNR活動の事知らない人本当に多いと思う。
それをもっともっと知ってもらえたら、もっともっと猫ちゃんに優しい世の中になると思うんだけどな…

そして今になって、その猫ちゃんはKさんが去勢してご飯もあげていた子だった事が判明。
首輪はイタズラ防止のためにリボンを巻いていたそうだ。
ある時から見なくなったなと思ったら、猫ちゃんの流行病で亡くなってしまったとの事。
でも最期は、同じように猫好きさんのお家のお庭で、そこのお家の方に看取られて亡くなったそうで、良かったよね。

そんな耳カットをされた猫ちゃん達の事を“さくらねこ”ちゃんって言うんですね、リンクを貼らせて頂いている『いつも一緒! ☆Nyan’s Diary☆』さんで知りました。

“さくらねこ”ってカワイイ

皆でもっとこの呼び名を広めましょう



sakuraneko.jpg
そーだよー

サビエルはご迷惑をおかけしておきながら申し訳ないのですが、お陰さまで元気にやっているそうです^^
K様、本当に有難うございますm(__)m



私と言えば、相変わらず絶不調、胃の痛みがハンパないです
心の中に思いが渦巻いていて、ここにでも思いっきり吐き出してしまおうと思うけど、本当にしんどい時は病院に行けないのと同じで、様々な思いが溢れだしている時は、それを心の中で消化するのに精一杯で、“書く”ところまで辿り着く事が出来ない。
こうして書く事ができるようになった時は、すでにその思いの波がかなり引いてしまった後で、それをまた引きずり戻してまで書こうとは思わない。
その波にのまれている時に、書くことに向っていたらまた違うだろうけど、そんな時はそうそう無いし、またそんな時に書いたものはきっと後で削除すると思う;
だからね、心で消化した分総て胃に来るんです(>_<)


この冬は毎晩こうしてお休みのお坊ちゃま○o。.(´c_` *)zZZ…..

goo.jpg

モフモフのヌクヌクで結構でございます、ええ結構ですが、そこはどこかってゆーと・・・



私の足の間やし~

sibireru.jpg

おかげで私は一晩中足が動かせなくて、足がつってつって仕方ないっちゅーに(>▽<;;;)



◆里親募集しています◆

ノラ子ですが、とても甘えたがりの可愛い子です。
只今、一時預かり様の所で本当の家族を探しています。

サビエルにゃん(*=^・^=*) ゴロゴロ大好き(=^。^=)  甘えん坊です^^
記事◆いつでも里親募集中
関連記事

 2013_01_27



06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop