*All archives* |  *Admin*

≪10  2017/11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  12≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-02-03(Tue)

驚いたニュース!(◎_◎;)

知っている方も多いと思いますが、本当にビックリしたニュースがありました。

死んだはずの猫、埋葬の5日後に「復活」


こんな事があるなんて(゚o゚;;


本当に良かったと思うと共に、もし火葬にしていたら…と思うとゾッとします>_<
いや、埋められててもよく自力で出て来てくれたと思うけど。


……考えさせらます。

何度か事故に遭って路上で亡くなった子を斎場に連れて行ったけど、あの子達は本当に亡くなっていたのだろうか?
もちろん息が無いのは確認したし、死後硬直もしていた。
でも、今事故に遭ったばかりのようなまだ温もりの残る子もいて、その場合も身体が冷たくなるのを待ってから連れて行くのだけど、もし仮死状態だったとしたら・・・しばらくしたら息を吹き返したのだとしたら・・・

もう考えるだけで恐ろしいです(>_<)

ただ、その子たちは本当に破損が酷くて(状態は書けないぐらい)、とても復活出来るような状態じゃなかった。
・・って思いたいだけかな?
心が重くなってしまった。


母も父も日にちの関係で、亡くなってから荼毘にふすまで中2日空いたのだけど、悲しくて辛くてどうしようも無い中、時間が経つと共に段々冷たく固くなって行く骸に、変な言い方だけど「覚悟」のようなものが出来た。
「もう2度と戻らないんだ」
「もうこの身体が温かくなる事は無いんだ」
と、安心して送り出せる覚悟。


それから復活するなんて事あるんだろうか?


☆=^^=☆=^^=☆=^^=☆=^^=☆=^^=☆=^^=☆=^^=☆=^^=☆=^^=☆=^^=☆=^^=☆=^^=☆


moblog_10054557.jpg

冷たくなっても、ずっと待ってたよ、復活してくれるのを。


関連記事

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

グリムス
☆宝物☆

★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。

季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ボクが傍にいるから
ネコサーチ
おおさかねこ倶楽部
http://www.osakanekoclub.com/
月別アーカイブ
リンク
Twitter
最新トラックバック
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
キラキラの足跡
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。