*All archives* |  *Admin*

≪10  2017/11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  12≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-05-23(Sat)

本当にきゅうきゅう((+_+))/仔猫

毎年の事ながら、自動車保険の支払いの時期がやって来た;;;
今年は車検でついこの間〇〇万円支払ったばかり

車を運転する以上、必要不可欠な出費だと分かっているけど、本当に痛い(>_<)

しかも、この5月から事業所の都合で勤務日数が減らされる事になり、元々少なかったお給料が益々少なくなって、なのにそっから目玉が飛び出そうなぐらいの国民健康保険と年金と所得税や住民税のお金を支払ったら、雀もビックリするぐらいの小粒の涙ほどの金額しか残らない😢

しかしその雀の涙にもならないところからも絶対必要な出費というものがあって、その優先順位第一は・・・・



そうです、このアホーのお食事代(と、後謎の2ニャン=^^=)

もちろん人様の食費もあるし、毎月毎月本当にきゅうきゅうで、お金なんて絶対に貯まらない(T_T)
なんて言いながら、映画行ったり友達とランチに行ったりするんだから(毎月じゃないですよ)、呑気なものだ。
昼も夜も働けよ!
・・・って分かってるけど、ここ3年ほどどんなに酷い風邪でも、足が痛くても、お腹がねじれるようでも、一日も休まず仕事に行っていたので(代わりがいなかった;)、休みが多くなって今はチョット嬉しい。
気持ち的にもかなりゆっくり出来る。

もちろんずっとこうじゃダメなのは分かってるけど、今少しだけ。。。

それにしても世の中というのは、こんなに無い所からも容赦なく分捕っていくものなのだと痛感(>_<)


◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆


今日また路上で轢かれていた子を見た。
横断歩道の真ん中に横たわる、小さな小さな亡骸。

交通量の多い道路で、友人と一緒だった事もあり、車を停められずそこを後にして用事を済ませた。
でも気になって気になって・・・
役所に電話したらやはり土日は休みで引き取れないというし、明日は雨の予報だし。
友人は「誰かが何とかしてくれてるよ」って言うけど、私もそうだったらいいなと思ったけど、でもどうしても気になって帰りに同じ道を通ってみた。

さっきの所にその子はいなくて、「誰かがどこかにやってくれたんだ」って、正直ホッとしたのも束の間、その横断歩道から少し行った歩道寄りの道路にその姿があった。
ほんの1時間ほど前とはまったく違う損傷の酷さで。

迷惑にならないように道端に車を停めて、その子をタオルで包んで車に乗せた。
まだまだ本当に温かい身体。
初め見た時に轢かれたばかりだったのだろう。
その時はまだ綺麗な姿だったのに、僅かの間にまた何台にも轢かれてこんな所まで飛ばされて。
あの時友人の事を気にせず、直ぐに対処してあげれば良かった。
そしたら綺麗な可愛い姿のままだったのに。
もしかしたら、まだ息があったかもしれない。
だとしたら、なんて酷い事をしてしまったのだろう。

顔は見れない状態だったけど、まだ温もりの残る小さな手足にたまらなくなった。




そのままあーちゃんの眠る墓地に連れて行った。

ゴメンね。
あっちで思いっきり遊んでね。


ただいつも思う。
この子がどこかのお家の子だったらどうしよう。
横断歩道を渡って遊びに行くつもりだったのかな、お家に帰るつもりだったのかな。
そうだとしたら、お家の人は心配でたまらないだろう。
それを考えたら、亡骸は脇に寄せて置いておいた方が良かったのかもしれない。
もしお家の人が探しに来たら、亡骸だけでも見つけらたのに。

考えても後の祭り。

こんな時どうすれば良いのか、未だ分からない。

関連記事

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

グリムス
☆宝物☆

★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。

季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ボクが傍にいるから
ネコサーチ
おおさかねこ倶楽部
http://www.osakanekoclub.com/
月別アーカイブ
リンク
Twitter
最新トラックバック
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
キラキラの足跡
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。