12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |

2016-08-31 (Wed)
玄関の鍵を開けて外に出る時、ドキドキしてしまう。

車で出先から帰る時、家に近づくにつれて心配で心配で、着いたらまず庭やその近辺の様子を見るし、庭で木の枝切りや草むしりをする時も、周りを見渡して確認する。

そんな癖がすっかりついてしまった。


・・・・・・でももうそんな心配する必要はないんだね。


ここ数年、キューちゃんが家人に見つかるような所にいないかどうか気にする毎日だった。
実際には見つかりまくってたけど、「出来るだけ」ね(^^;

私が車で帰って来たら、どっからか出て来て、窓のところに座って待ってたっけ。
庭で何かしてたら、必ず私の隣りでゴロゴロしてすっかり寛いでたね、人の気も知らないで。

ただこのところは家人も見て見ぬふりな感じで、「すっかり家の外猫やね」と言ってくれる者もいて、でもだからといっておけんたいで居られたわけでもなく、見つかるとやっぱり叱られてたし、そこは私の目が届く範囲で見つからないように頑張ってたんだよ;

段々人との(主に私ですが)距離が近くなって来て、これから冬に向けてどうしようかと本当に頭を悩ませていた。

家に居着いて初めての冬は裏の古い棚の中で過ごし、その次の冬は時々使わない犬小屋に入っていて(ロッキーがいても)、ロッキーが居なくなった昨年から今年にかけての冬は、完璧に犬小屋の住猫となっていたけど、今年は諸事情でそれを見て見ぬふりをしてもらえそうもなく、夏のうちに何とか彼女の身の振り方を決めてやらないとと、あちこちメールしまくり、電話かけまくったけど、何の解決策も見いだせなかった。


・・・・・だから逝ってしまったのかな・・・・


家に来出した頃から、いつ亡くなってもおかしくない子だと思ってたのに、なんだかんだ言われながら約4年居たのかと、振り返ってちょっと驚いた。
当時も1歳以上にはなってたんじゃないかと思うから、最低でも5年以上は猫生を送ったんだね。



犬小屋に入っている写真がPCにありました。

129.jpg

毛布に付いている黒い点々は、ヨダレの跡;;
冬にはもう一枚毛布を入れてあげると、それを好きな形にして包まって寒さを凌いでた。



moblog_7ed571ef.jpg

こっから家の中を覗いてて、その名残りのまたヨダレが(^^;)
向こう側には、「出せーー!」とわめく、アンポンタンの姿が薄っすらと…


moblog_2d78637f.jpg

もうどこにもその姿を見る事は無い。




こっちでなれなかった分、そっちで幸せになってね。




関連記事
| 他ニャンコ | COM(0) | TB(0) |
コメント














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。