FC2ブログ


良くならない


寝起き。
お布団の中から顔を出しているけど、目に元気が無い;
一晩中寝息を確認しないと安心出来ない。


ご飯は時間をかけてゆっくりと一日かけて分量をやってはいるけど、痩せて行くばかり。
チューブの栄養剤も効かないみたい。
一日中グッタリしている。


病院帰りの車の中で。
待合室の中でも私にグッタリともたれているばかりで、もうこのまま駄目になってしまうんじゃないかと思った。
体重は前回の一番悪い時よりもさらに減っていて、でも体温(腸内温)は正常だという事で少しばかり安堵する。

お布団の上でもずっとただひたすらグッタリしている。
前は猫缶も少しでも食べようとしてくれたけど、今はそれも無い。
病院でご飯を食べさせてもらって、本当なら内に帰ってもまたご飯をあげないといけなけど、病院で食べたものを吐いていたので、今日は無理にあげないでおくことにした。


あれやこれや顔の前に近付けてみるけど、まったく関心を示さない。
明日になるとどうなってるか分からないけど、でも段々弱ってきている事は確かな気がする。

先生もエイズの子は沢山診ているけど、実際に発症した子は診た事が無いとの事で、それがどういうものか分からないらしい。
人間と同じなんだから、風邪をひいたらやっぱり治らないだろうな。
そんな状態が続いたら身体もしんどいだろうし、体力も消耗して行くし、ご飯も食べられないから益々弱って行くのだと思う。
可哀相に。
病気や口内炎が無く、好きなものをお腹一杯食べれたらいいのにね。
食べたくないものを無理やり食べさせられて辛くない?

あーちゃんは今どんな気持ちなんだろう。
最高の治療を受けさせてあげたら治るんだろうか?

ゴメンね、本当に不甲斐ない親でm(__)m


関連記事

 2011_05_02



05  « 2020_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop