FC2ブログ


05/06のツイートまとめ

Category: 私事つぶやき  

kattenyan

ダメだ…あーちゃんがいない事に耐えられなくて叫びそう…
05-06 20:52

洗い物をした後。いつもここの水を飲むから、絶えず綺麗なお水を入れておかなくてはいけない。でももうそんな必要は無いね。 http://twitpic.com/4u243v
05-06 19:28

今の時間は丁度ご飯を食べて、お眠りになる頃。ここで「座れ」と命令される。でも私はこれからご飯なんだよ(-.-;)
05-06 18:33

お客様が来たらわざわざ出て来て、みんなにスリスリしたね。「猫って隠れるもんじゃないの?」っみんなビックリしてた(@_@) 本当に変わった子だったよ。
05-06 17:43

そういえばご飯を食べて無い気がする。でもお腹は鳴っているんだよね; 両親の時にも思ったけど、人間って情けない。
05-06 17:22

また名前を呼んでしまった;
05-06 17:17

もう抱き締める身体も無い…
05-06 16:48

庭にいる時はここにいて、私が車で帰って来たら出て来て一緒に家に入ったね。やっぱり探してしまうよ。完全に星になったのに。 http://twitpic.com/4u0pxo
05-06 16:44

私は今がまさにそうです。本当に悲しんでいない気がします。情けないです。 RT @ShowAyanocozey: 辛くて悲しくて仕方が無いのに、ちゃんとお腹が空いたり、眠くなったりする事に落ち込みました。
05-06 16:29

スーパーでに買い物。もうあーちゃんが好きそうなもの、食べそうものを探す必要が無くなったよ。帰っても買い物袋をゴソゴソされなくて済むし、何たってあーちゃんの食べ物が一番高かったんだから; 助かるよvでも寂しくてたまらない。
05-06 16:23


 

合同の供養塔。あーちゃんが入るのは明日の朝。 http://twitpic.com/4u06lz
05-06 15:40

とうとう本当にあーちゃんとお別れ。市の斎場だけど、とっても綺麗で、火葬の時も職員さんが丁寧に迎えてくれて、最後のお別れも出来るし、お焼香も用意してくれている。「お預かりします」... http://twitpic.com/4u0667
05-06 15:38

いよいよお別れ。男の子だから菖蒲もね^^今朝用事の場所まであーちゃんと最後のドライブをした。ドライアイスも入れてたけど、気温がたかいせいか、少し臭いがして、再々々度覚悟を決める。 http://twitpic.com/4txg2n
05-06 11:09

最後によろける足で、車の下に入ったり、お風呂場に入ろうとしたり、台所に行ったり、コタツに入ったり、そして一番最後はヒーターの前だった。好きだった場所にお別れしてたのかな? 気持ち悪いと思われるだろうけど、今朝はあーちゃんを思いっきり抱きしめて過ごした。
05-06 08:42

あーちゃんお早う(^-^) もう苦しくない朝だよ。
05-06 06:03

眠れない…。今はあーちゃんがいるけど、今日でお別れ。このままでいいから一緒にいたい。笑う事を忘れた。
05-06 05:33

山崎まさよしさんの歌が頭の中をくるくる回ってます。「いつでも探しているよ。どこかに君の姿を」 コタツの中。台所。お風呂場。ヒーターの前と上。机の下。犬小屋の中……「こんなとこにいるはずないのに」
05-06 04:46

あーちゃんは何歳だったのかな? 出会った頃推定年齢は7~8歳だって言われてたから、10歳になれたのかな?あーちゃんが今まで生きて来た以上の月日を共に過ごしたかったよ。たった二年半だもんね。
05-06 04:37

隣りにも、身体の上にも温もりを感じない寂しさ。本当に甘えん坊で、ご飯を食べて眠たくなったら、私に「座れ」って言って、膝なんかじゃなく胸の上に乗って爆睡したね。その重みを感じたいよ。
05-06 04:30

関連記事
 2011_05_07

Comments

okoさま 

早々にお返事下さりありがとうございます。
あーちゃん、とても素晴らしい環境で眠ることができ喜んでいると思います…

昨年亡くなった子は、今から6年前位、当時住んでいたマンションの近所で兄弟達と飼われていたのですが引越の際逃げてしまい捕まらず、しばらく飼い主さんが庭にご飯を置いて、半分野良ちゃん生活だったそうです。(近所のおばちゃんの話)私は1階に住んでいて、ご飯くれ~と鳴いていたのでご飯をあげるようになり私が飼うことにしました…。白猫の男の子で元々、左目が開いていなく鼻たれ小僧でしたが元気な子でした。
それから2年後、一緒に実家に戻ることになり家と外と行き来ができる環境で育てました。
昨年2月、呼吸がおかしいので病院にいき検査で白血病と解り、体力のあるうちに抗がん剤治療をということで一番弱い抗がん剤から始めました。この薬が効きすぐに体重も増加し先生からこのまま何回か抗がん剤を打てば大丈夫だね…と安心していたんですが4月に急変し、みるみるうちに歩くことも水も飲めなくなりました…次の抗がん剤は強いので体力が戻ってからということでしばらく栄養剤点滴と肺の水抜き処置だけが続き、もう覚悟して下さい…と。
もう歩くこともできないので私の部屋でオムツをし水をスポイトでご飯はすり潰し注射器であげますが出しちゃうんです…先生からは無理にあげないで下さい…と言われこのまま死ぬのを待つだけなのか…と不甲斐なく思っていました。昼間は働いているので母親に世話を託していました。亡くなる10日前位に母親が原因不明の病で起き上がることすらできなくなり、これからどうすれば良いのか?と泣いていました…父はもう他界していたので父に祈り神にすがりました…動けない母親は叔母に介護を、定期的に水やオシメの交換が必要なヒロシは会社の休憩時間に車をとばし家に戻る生活を続けていた時、正直、負担に思ってしまったことがありました…それをきっと分かったからか2階の私の部屋から下のテラスに何度も動けない足を引きずり身を隠そうとしていました…亡くなる時は私の腕の中からと思っていましたが、母親の病院に出掛け帰ってきた時には亡くなってました。でも身体は温かく顔は眠っているような安らかな顔でした。明日で一年経ちます。
こうしてあげれば良かったとか後悔ばかりだと思います…辛い時間もまだまだ続くと思います。でもいつか必ず、一緒に過ごした素晴らしい時間に感謝できる日が来ます。どうか無理せずご自愛下さい…。
長文ですみません。
ではまた。
ぱん  URL   2011-05-07 20:10  

No title 

ぱん様

またコメント下さって、そしてヒロシ君の事も教えて頂いて有難うございます。
大変でしたね。
お母様の事と、ヒロシ君の事と本当に良く面倒をみれたと思います。
良くなって行ってくれるのであれば、面倒をみることなんて何でもないんですが、食事をあげても受け付けてくれない、吐いてしまわれたりすると本当に辛いですよね。

家の子は一度(注射器でやる)食事を吐いて、パン様と同じように先生から「食事をやらないで下さい」と言われましたが、何にもあげないと体力が無くなって行くばかりなので、チューブの栄養剤をあげていました。
でもその後注射器で、本当に少しずつですが食事を与えても吐く事もなく、亡くなる前日までやっていました。
食事を受け付けてくれたのだから、このまま回復するかも・・・なんて淡い希望でしたね。
もう何をあげても、どんな注射や薬も受け付けなかったんです。
なのに無理やりご飯をやって申し訳なかったと思います。
きっと本人は嫌だったでしょうね。

明日で一年なんですね。
ヒロシ君と過ごされた素晴らしい日々に感謝してこられたのでしょう。
私も感謝だらけです。
感謝しかないぐらいですが、やっぱり今は辛過ぎます。

コメント有難うございました。
益々泣き事だらけの陰々滅滅としたブログになって呆れられると思いますが、また遊びに来て頂ければと思います。

oko  URL   2011-05-07 21:39  

 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

oko

Author:oko
独り身でおまけに無職の居候。人に頼って何とか生きているどうしようもない人間で、老い先真っ暗だけど、とりあえず寝てしまおう。

精神を病み、突然“〇にたい病”に陥るので、放置してやって下さい。

☆宝物☆


★あー★ 2008年9月23日、精神的にも肉体的にもボロボロだった私の前に突如として現れて、私を救ってくれた子。 当時の推定年齢7~8歳。 猫エイズ陽性で(発症していたかどうかは分からない)、凄い猫風邪と口内炎で黄疸も酷く、血液検査の結果も総て最悪で病気の塊のような子だったけど、かけがえのない宝物。 2011年5月5日、虹の橋へ。

★ギー★ 推定誕生日:2011年8月1日。 警察から引き取った子。  獣医さんもビックリするほどの超ヤンチャ坊主! 警察署内でも驚くほど元気だったというから、ワンパクは筋金入り。 「ギーたん」と呼び続けているうちに、いつの間にやら呼び名は「たんたんギー」に(^^;)

★ロッキー★ 2002年頃兄一家の一員として我が家へ。 ペットショップでひと際大きくなっていた子だったらしい。 後から来たニャンコたちにもなめられるほど優しい穏やかな性格。 2015年8月20日、虹の橋へ。


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

ボクが傍にいるから

ネコサーチ

おおさかねこ倶楽部

http://www.osakanekoclub.com/

Twitter

にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR




pagetop